サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年12月
ARCHIVE ≫ 2010年12月
      

≪ 前月 |  2010年12月  | 翌月 ≫

散歩しますた

サマンサの 萌える毎日 の記録。-Image223.jpg

どアップ(゜ω゜)

「龍馬伝」パーフェクト制覇!

略してRPS!!!クローズのまねっこ!!(・∀・)


龍馬伝がついに完結!!


大河ドラマに関しては、途中中だるみ傾向にある私がなんと全話見た。

RPS(龍馬伝パーフェクト制覇)でございます。


それはひとえに福山雅治のことが好きなわけではなくて、

いやむしろどうでもいい存在。演技も微妙だし歌も微妙だ。

メロディメーカーとしての彼は悪くないと思うけど。


・・・なので、どうして全部見ていたのか我ながら不思議ではあるのですが、

もともと、歴史は好きでも幕末にはあまり興味がなかったという私。

歴史ヲタなのに珍しいとお思いになるでしょうが、

私は西洋鎧とかハイル!とかの方が好きなんじゃい。


・・・ということで、幕末には疎いわけです。

坂本龍馬がどうしてここまで日本人に愛されているのか、

ここのところの大河ドラマで幕末ものをやると必ず出てきてはいましたが、

彼自身が主人公のドラマはなかったわけです。

それが満を持しての「龍馬伝」ですよ。

ここでひとつじっくり「坂本龍馬」について見てやろうじゃないかと、

そう思いまして最後まで見届ける決心をしたのでございます。


続けられた理由は、これまでの大河ドラマになかった、

影像面でのリアルというか、撮影力の素晴らしさというのが大きいです。

いつもの大河ドラマというと、ハリボテが一目瞭然のセット。

お金がかかっていない分、毎年酷いものでした。

「天地人」などはもう酷いもので毎週萎えていたものですよ。


あとは主人公を囲むキャストがすばらしかったことです。

龍馬伝とは言いながら実は「弥太郎伝」だったんじゃないかと

思うくらいの、香川照之の存在感。

第一部での、これでもかというくらいの武市半平太伝っぷりも、

今にして思えばバランスはそれほど悪くなかったように思えます。

大森南朋、佐藤健の評価も高かったしね。

たけるの以蔵がいじらしくてなぁぁー。萌えた(・∀・)


ひとくせもふたくせもある役者たちの存在が、

龍馬伝という物語をより素晴らしいものにしていました。

主人公を支える脇役さんたちの存在が、

ここまで感じられた脚本も珍しいくらいだったんじゃないでしょうか。

武田鉄矢、伊勢谷裕介、蒼井優ちゃん、余貴美子さん・・・

印象的だった役者さんを上げるときりがないくらい!!


ある程度の捏造部分もご愛嬌、総括して見れば、

いつの大河ドラマよりも素晴らしい出来だったと思います。


さて、大河ドラマを見て、

私の坂本龍馬観はどうかというと、

まあ残念ながら尊敬する有名人にはならなかったですw


でも尊敬される理由は理解できましたね。うん。


クリスマスアフタヌーンティー

サマンサの 萌える毎日 の記録。-Image208.jpg

昨日のティータイム兼ディナーでした(*´∀`)
丸の内シャングリラホテルにて。

上からスコーン(クランベリー・オレンジ・紅茶)
中の段はサンドイッチ・トルティーヤなどなど。
下の段はケーキたち!固くないシュトーレンは超好みの味でした!!!

紅茶は銘柄を変えてのおかわりがOKとのことで色んな味が楽しめてよかったです(^ω^)

BON JOVI in東京ドーム

お誘いを受けてBON JOVIライブに参戦してきました!!

世代なのでずっとずっと聴いてきたBON JOVIですが、

ライブは初めてなのでドキドキワクワクでした!


客層は会社帰りの帰りのサラリーマンたちがたくさんでした。

あと外人のグループとか。世代の人々が多くて面白かったです。


やっぱり昔の歌は盛り上がったなあ。

You Give Love a Bad Name の合間に

Pretty womanを歌ったりするアレンジも良かったし、
ラストのLivin' on a Prayerでは最高潮だったね!!
みんな空耳アワーだけど大合唱。

最後はジョンも俺たちも声に限界がきたがwww


ジョン・ボンジョビはおっさんになってもかっこよかったんだぜ!!


1. Blood on Blood
2. We Weren't Born to Follow
3. You Give Love a Bad Name
4. Born to Be My Baby
5. Lost Highway
6. When We Were Beautiful
7. It's My Life
8. I'll Sleep When I'm Dead
9. We Got It Goin' On
10. Bad Medicine / Old Time Rock & Roll (with Kid Rock)
11. Lay Your Hands on MeAdditional Information: Richie voxRichie vox
12. Bed of Roses
13. Diamond RingAdditional Information: Jon & Richie onlyJon & Richie only
14. I'll Be There For You
15. Someday I'll Be Saturday NightAdditional Information: acousticacoustic
16. Runaway
17. Work for the Working Man
18. Have a Nice Day
19. Who Says You Can't Go Home
20. Keep the Faith / Sympathy For the Devil
21. Encore:
21. Always Play
22. Wanted Dead or Alive
23. Livin' on a Prayer

「SP?野望編?」

あえて言おう。

この映画はカス・・・ではなくて「特撮」です。


・・・・SPには正直、ドラマ時代からもにょるものがありました。

しかし、とりあえず堤真一が出ているというところだけで、

もともと私の中では「見る」部類に入っていたものなので、

当然映画も拝見させていただきました。

ということで辛口感想いきます。


最初の六本木ヒルズから汐留にかけてのアクションシーン。

准ちゃんは六本木から汐留まで犯人を追いかけて走ったんですよ。

その間の、CMでも散々流れていた車の上をがしがし入るシーンとか、

壁を走るシーンとか、ヒルズでの爆発シーン(妄想だった!)とか、

もう何回も見たなあとか、車の弁償は・・・とか思いながら、

一連のシーンを見てました(´・ω・`)


SPという仕事をアクション満載にしてしまうと、

途端にリアリティが失われてしまうのですが、今回はまさにそれ。

アクション映画として、もしくは「特撮」として楽しむのが

この映画の楽しみ方でしょうね。


アクション映画としては、

観客に退屈する暇を与えないという意味では

とてもよい出来だったと思います。

尺も長くなくてとりあえず退屈はしない!

テレビドラマの延長の映画としてもそれなりの出来だと思います。

ドラマの頃の内容を知らずに観に行ったとすれば、

それは自分が選択を誤ったとあきらめるべきでしょう。

予習復習もしていったほうが楽しめると思います。


残念な部分はたくさんありますが、「違和感」ですかね。

この映画を観ながら感じるたくさんの「違和感」。


映画のスケールに対して、安っぽいキャストばかりの「違和感」

まるでRPGのダンジョンのように、次々と敵が現れる「違和感」

危険を回避できる方法なんていくらもあるのにそれをしない「違和感」


「特撮」としては役者の頑張りもあり、なかなかの出来ですが、

「映画」としては三流です。残念映画です。


キャストは、4係の面々と田中(大好き!)と香川照之を除いて

見るべきところなしでしょうね。無名すぎるし地味すぎる。

映画のスケールにあわせたキャストの起用はとても大切なことです。

革命班の皆さんの顔ぶれにはとくにがっかりさせられました。

せめてあそこにはもう一人、存在感のある役者を入れるべきでした。

香川さんの起用もちょっと・・・あんまりいい役じゃない。

いっそ官房長官でもよかったんじゃ。


尺を持たせるためだけに(恐らく)

RPGのようになっている最後の見せ場などはもうコメントもありません。

・・・・・・無駄に傷つくSPの皆さんが気の毒でした。

全然応援も来ないし、大通りにタクシーも通らないなんてありえねぇぇ。

投げられたダイナマイトを鉄パイプで打ち返したシーンなどは、

映画館で大笑いしそうになりました。ごめん准ちゃん。真剣なのに。


だから結論としては「特撮」なんですよ。

アクションだけがよく出来ていて、・・・でもそれだけです。


まあ、多大なる期待は厳禁ってことです。

期待をしないで「革命編」も観に行きましょう。もにょる覚悟で。



サマンサの 萌える毎日 の記録。




過去ログ +

2017年 09月 【20件】
2017年 08月 【30件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント