サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年07月
ARCHIVE ≫ 2009年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年07月  | 翌月 ≫

宝塚月組「エリザベート」

大好きな宝塚版・エリザベート。


前回の雪組公演から2年・・・・・・待って待って、


3回も観に行ってしまいましたが何か?


ということで、今回は月組公演です。


どうしても、前回の雪組公演と比較してしまうのですが、

演出面での変更箇所がほとんどなかった(と思う)ので余計なんですよね。

キャストだけが変わっているからどうしてもそこを比較してしまうという・・・。


ということなので、比較しつつ感想www



■トート閣下またの名を死@瀬奈じゅん


とにかくビジュアルは最高!素晴らしい!

今回のトートのイメージカラーである紫も良く似合ってました。

歌も素晴らしいし、「最後のダンス」のときのノリノリダンスもよかったなー。


しかし、美しすぎる。


前回の雪組公演の水夏希トートはイメージカラーが緑色でしたが、

本当に「死」という雰囲気ぴったりで、周りに陰の気が漂っていて、

むしろ、ビジュアルよりも気味の悪いメイクに力入れすぎ感がw

髪の緑色が黴か苔かと見まごうようなじっとりした陰の気w

でも、声や表情の演技が素晴らしくて、トートの心情がよく伝わって、

本当に泣けたんですよ。水トートは。


そういう意味で比較すると、今回のトートは無表情でしたね。

ほんとにシシィ(エリザベートの愛称)のこと好きなんか?と思うくらい。

その部分が、ちょっと盛り足りなかったかなぁ。

一目惚れしたシーンなんて、単に手を振り払っただけにしか見えなかったよw



■エリザベート(シシィ)@凪七瑠海


もう、この名前なんて読むの?レベルで全然知らない若手で、

しかも宙組の男役さんなんですよね?・・・・・・。

(なぎなるうみと読みます・・・)


大抜擢!!!!です。


しかし、残念ながら大抜擢されるほどのお歌でもなく、

どちらかというと、歌は全体的に不安定で高音部分が細くて揺れてる。

「私だけに」とかほんとに超ドキドキしてしまったよwww


唯一いいなと思ったのは年老いてからの演技。

ルドルフの死を嘆く場面はいつも泣きそうになりながら見てました。

スタイルは抜群にいいし、歌も演技もなかなかいいと思うので、

将来が楽しみな男役さんだと思います。


まあ、いまの月組にエリザベートをやれる娘役がいないほうが問題だよね。

それを思うと、やっぱり雪組でエリザベートをやったとなみは、

しっかり存在感があった娘役だったなあと思います。

(すでに退団。先週の「華麗なるスパイ」に出てた・・・)



■フランツ・ヨーゼフ@霧矢大夢


歌うま!!!!


とにかく、真面目で規律に厳しそうなきっちりとしたフランツ。

フランツ・ヨーゼフってほんとに美青年だったのでぴったりな感じだった。


歌はもうとにかく安定していますね。

その歌声からもお育ちがよろしい感じが伝わってくる。

はき!はき!歌ってた感じ。

そのせいか前回のゆみこフランツよりも歌詞が聞き取りやすかったな。


でもなんとなく、きりやんのイメージではないというかwww

やっぱりはっちゃけた役のほうが本人のパーソナリティにもぴったりwww



■ルイジ・ルキーニ@龍真咲


若いな・・・・・・というイメージが最後までつきまとったルキーニ。


歌も上手だし、持ってる雰囲気もなかなか良かったとは思うんですが、

ちょっと若すぎるなあと思ってしまいました。

カフェで「親父!」と呼ばれても全然親父じゃないし、

軽薄そうな中に狂気も併せ持つルキーニとしては演技も未熟かと。

狂言まわしとしてもそうですが、全体的に線が細すぎるルキーニでした。

よくやってたとは思うんですけど。

・・・・・・何年後かならもう一度見てみたいなあと思います。


これはもう、キムのルキーニが良すぎたんだよな。

あれはなかなか超えられまい。



■ルドルフ殿下@明日海りお


さて、私の大好きなルドルフが来ましたよ(笑)


今回のルドルフ役は3人での役替わりなのですが、

すべて、一番歌える明日海りおで観れました。


皇太子らしい美しいビジュアル、ぼっちゃんぼっちゃんした雰囲気、

なんといっても「闇が広がる」のハーモニーが素晴らしい!!!

ルドルフのパートってかなり低音で難しいようで、

どうしてもトートが歌う主旋律に負けがちなんですが、

今回はそれがない!!!!!!!


私は前回の凰稀かなめ@ルドルフが大好きですが、

今回のみりおルドルフはすべてにおいて文句のつけようがありません!!!

まあ、かなめ@ルドルフのほうが不幸そうな雰囲気が漂ってたかなww



主な役どころはそんなところですが、

ゾフィーは本当に本当に残念な出来だった。さすが娘役不足の月組だよ。

この役は、トップでもない限り若い娘役さんには荷が重いよ。

まあ、厚化粧のマダム・ヴォルフはイケイケで好きだったけど(笑)、

リヒテンシュタイン侯爵夫人も影が薄くてなんか微妙だったしなあ。

雪組のはまこゾフィーが素晴らしかったからなあ。

やはりああいう役は、存在感のあって歌がうまい男役さんにやってほしい。

なんせ「宮廷でただ一人の男」と呼ばれる女だからなwww


幅広い年齢層のお歴々が出演していた雪組公演と比べると、

今回は若すぎましたね。なんというか、全体的に。

月組そのものがアンバランスだから余計そうなんだろうけど、

(娘役トップ不在、組長さんもあさこの同期で上の学年の方がいない等)

あさこ天下が終わればちょっとはよくなるのかしらん。

(瀬奈じゅんさん退団決定!!)



ああー、でもエリザベートは何回観てもいいよ!!!

またすぐに再演してほしいなぁーーーー!!!




サマンサの 萌える毎日 の記録。-えりざ


今期のイチオシアニメ(BlogPet)

サマンサたんの「今期のイチオシアニメ」のまねしてかいてみるね

いつの間にか「東京マグニチュード8.0」はが正しいはずなのせいかyoそんなヒースクリフだもん。
まだまだ・!
しかも水着着ていたが一番凛々しくておりますよ(かなめもついに孔明がかyoで歌い踊り狂う人々が、それはあの伝説のウラだしね。
まだまだ・長い話に違って素敵だもん。
先週などは原作がひねくれて往来でも抵抗感もまた楽しい。

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

今期のイチオシアニメ

いつの間にか「鋼の錬金術師FA」を見なくなっていた私が通りますよ。


・・・いやあ、なんでだろう。

気が付くと録画がたまり、そして見ないまま消してました。

私はどうしても作画の違和感、テンポの悪さ、が拭いきれませんでした。

この二点については前作のほうが完全に上回っていたと思います。

ストーリーは原作ありきなのでまあ今回のほうが正しいはずなのですが、

それでも微妙に違っていたりして、それのいじくる意味がわかりません。


まあ、それはさておき。

いまかかさず見ているアニメはこんな感じです。


蒼天航路

かなめも

青い花

大正野球娘

東京マグニチュード8.0


そういえば、「ファントム」は見るのをやめてしまいました。

ストーリー展開がなんだかな?という感じになってきてしまったので。

なんとなく、先が読めるというか、好きな展開じゃないなぁーという。

「大正野球娘」のウラだしねwww


最高潮に面白いのが


か な め も


ですね。先週などはミュージカル展開でびっくりしました。

しかも水着着て往来で歌い踊り、契約を獲るというスゴ技披露www

集まってきたのがヲタクばかりでさらにオタ芸で踊り狂う人々がいた!細かい!!

しかし、こんななのに原作が4コマ漫画と知ってさらに驚きましたwww


「青い花」はただただこっぱずかしい思いで見ております。

このこそばゆさはあの伝説の「純情ロマンチカ」に近いものがあるね。


だって嵐が丘でヒースクリフだよ!? ←そこなのかyo


そんなヒースクリフ先輩とおつきあいしちゃうなんてなんて百合!!!

それよりなによりこのOPの絵だよなー。



サマンサの 萌える毎日 の記録。-ハァハァ

なんというか、絵柄のせいか違和感も抵抗感もまったくないので、

全然いけます。ただ、毎回なんだかもぞもぞしますwww

「大正野球娘」「東京マグニチュード8.0」

は、まだ今後に期待しつつ、見ている感じかな。

大正の娘さんたちがみんなかわいくていつもほくほくしながら見ています。

(かなめも、青い花もしかり)

あの時代は、時代背景もとても好きなのでそれもまた楽しい。

しかし「東京マグニチュード8.0」の主人公がひねくれてて可愛くないので、

ここがネックになったら続けられないかも・・・・・・。

弟のほうがとってもいいコだ。目を離せない展開求む。


ちなみに蒼天にもついに孔明がチラッと出てきましたが、

やはりあのお方の取り扱いは常人とは違うようで怪しいオーラを放っていました。

なんか美輪さんみたいだったyo

でもまあこちらはまだまだ・・・長い話になるだろうな。まだまだだもん。

いまのところは曹操が一番凛々しくて素敵だ。

呂布じゃないよ(笑)


ならばよし!!!




・・・・・・こんなので〆るの?

ガンダム、お台場に立つ!


サマンサの 萌える毎日 の記録。-がんだむ



サマンサの 萌える毎日 の記録。-せなか



サマンサの 萌える毎日 の記録。-正面

うーん。

スゴイものを立たせましたね!

今までにも、腰から上ガンダムとか実物大ザクの頭部とかありましたが、
全身で1分の一!!これこそ究極ですよね!!

なんというか、感慨無量。
ライトなファンの私ですら、このまま何時間も眺めていたいと思うほどなので、
ガンダムを愛してやまない人はもっとたまらんでしょうなあ。

しかし、欲を言うならば、
頭部だけではなく、アームも動いてほしい…!
さらに、コクピットに乗れたら最高ですね!
これに、シャアザクがいたら、完璧だった(笑)!双璧!!!

しかし、明らかに仕事中のサラリーマンとかオタクっぽい人たち以上に、
カップルと族連れが多くてびっくりです。

お台場の中でもっとも人が集まっていたガンダム広場ww


むしろお父さんが一番楽しいのではw

恐怖影像・・・

それでは心してご覧ください・・・・・・






恐怖!!


暗闇に光る眼!!!



サマンサの 萌える毎日 の記録。-車掌さん…



りゅんは昼夜問わずこの窓辺からよく外を眺めているのです。

夜はそのいかにも「猫」っぽいシルエットが浮き上がって大変可愛らしいのですが、

フラッシュをたいて撮るとこんなことになってしまいましたwww


999の車掌さんかwww


ゅんぞうは(BlogPet)

りゅんぞうはよっきゅんと存在とか感謝するつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

蒼天航路の呂布が凄すぎる件


新しいアニメがいろいろいと始まっている中で、

いまもっとも楽しみにしているのが実は「蒼天航路」だったりします。


三国志において最大最強の武将とされている呂布ですが、

蒼天航路の呂布はもはや人間を超越した存在のような描かれかたをしています。


例えるなら・・・・・・・・・そうラオウのような。

だって、赤兎馬に乗ってるしね!(三国志の中でとんでもなく名馬とされています)

ラオウも悪魔の馬と恐れられた黒王号という馬に乗っていました。


話がそれましたが。呂布ね。



サマンサの 萌える毎日 の記録。-ぴきぴき


まずどんでもなくデカイ。そしてなぜかドレッドヘア。

興奮すると顔に血管が。ぴきぴきぴき・・



サマンサの 萌える毎日 の記録。-むきいー


むきぃ?


そんな呂布の愛馬・赤兎馬ももちろん普通ではありません。



サマンサの 萌える毎日 の記録。-戦ってる・・・

・・・・・川の中で呂布と互角に戦っています。


アニメではもちろん真っ赤な馬として登場。

普通じゃない呂布を乗せているだけあってやはり普通ではないわけですよね。


ちなみに最新の放送で、呂布はイナゴの大群の中、

イナゴを食い散らかしながら一人進軍していきました。大笑いしちゃったよ。


楽しくて仕方ないわ。ほんと。

フランスに話しなかった(BlogPet)

きのう、フランスに話しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

「天使と悪魔」

キリスト教スキャンダル、秘密結社、ヴァチカン等々、

私が食いつきそうなタグが満載。

さらに、ユアン・マクレガーという、これ観ないでどーすんの俺!?

的な映画。ユアンが好きなんだよ。

てことでストーリーはかいつまんでいうとこんな感じ。


教皇が病死し、次の教皇を選出するコンクラーベが行われようとしているヴァチカンに、400年前に弾圧された秘密結社「イルミナティ」が復讐を開始する。彼らは4人の教皇候補を誘拐。一時間ごとに惨殺すると予告する。さらに街を吹き飛ばすほどの破壊力を持つ反物質を、ローマのどこかに隠したのだった…。この恐ろしい計画を阻止するため、ヴァチカンは宗教象徴学者のラングドン教授に助けを求める。



まーまー、息もつかせぬロバート・ラングドンですよ。

4人の枢機卿の行方を捜して暗号を解いていくラングドン教授。

彼の暗号解読によって判明していく枢機卿たちの居場所を探していくのですが、

ラングドンの「あっちだ!」「こっちだった!」に振り回され、

ヴァチカン警察がイタ車でヴァチカン内をカーチェイス。

このシリーズ、どうしてもはずせないんだなカーチェイスな・・・

処刑時間の5分前くらいにやっと到着、あげく間に合わず枢機卿死亡、

・・・の繰り返しにちょっとイライラがつのりますよ。

なんで間に合わないんだよー。


一方、ヴァチカン内においても不穏な空気が漂っており、

内部にイルミナティに通じている者がいるんじゃないかとか、

さらに死亡した教皇の暗殺説すらも飛び出してくる。

そんな中、ユアン演じるカメルレンゴのかっぽう着姿がかわいくてなごみますよ。



サマンサの 萌える毎日 の記録。-かっぽうぎ


このカメルレンゴというポジションにも萌えた!


教皇不在時に教皇の代理人となる立場らしいのですが、

これぞ教皇に次ぐ、唯一無二の立場ともいえるわけですよ。

おじいちゃんたち、みんな赤いてるてる坊主みたいな法衣なのに、

カメルレンゴだけかっぽう着なんですよ!!!萌える!!!


しかし、「天国と地獄」の原作未読ですが、

正直、ガリレオだのベルニーニだのの暗号がよくわからなんだ。

なんで?と思っても、プロフェッサー・ラングドンの「こっちだ!」に押され、

なんかよくわかんないけど先生が言うならそうなんだな・・・

みたいな空気が、登場人物たちからも感じ取れました。

「(彫刻の)天使が指差してるからあっちの教会だ!」って、

わりとムリムリな感じじゃないですかね。いやほんと。


しかし、ネタバレになるので首謀者は書きませんが、

ここまでのことして、こんなに用意周到に準備できるかね?

暗殺者は枢機卿誘拐と殺害を依頼されただけなのに、

こんなにハイリスクを負ってまでカタチに拘らないといかんのか?

しかも、そもそもの動機がめっちゃ微妙だった・・・なんかね・・・・・


これは映画だけではあまりに微妙なので、

原作を読まないとだめかと思いますね。


ガリレオ、あんまり関係ないような気さえしてきた・・・・・・


まあ、さんざんな感じで書いてしまいましたが、
2時間以上あったと思われるのに退屈する暇さえありませんでした。


観ても損なし。ぜひご覧あれ。





なごみ系フェレットちゃん!


サマンサの 萌える毎日 の記録。-サブムク


私がいつもネイルでお世話になっているwakanailさんちのフェレットちゃん。


その名もサブローとムック。


いつも抱っこさせてもらってるのですが、

にょろにょろくねくね具合がまた猫のそれとは違っていて新鮮 キラキラ

毛もちょっと硬めで爪も長いですが全然痛くないし、

なんといっても鼻先がピンク色で萌えます ラブ


ピンクの鼻マニアですが何かwww


サマンサの 萌える毎日 の記録。-ムック

こちらの額が白いのがムック ラブラブ


先住の先輩です。ちょっとサブローに押され気味でした・・・


サマンサの 萌える毎日 の記録。-サブちゃん

こちらの好奇心旺盛なのがサブちゃん 心


まだまだ育ち盛り?

私が伺ったときは延々とお食事中でしたwww



過去ログ +

2017年 10月 【17件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【30件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント