サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年02月
ARCHIVE ≫ 2008年02月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年02月  | 翌月 ≫

サマンサ(BlogPet)

きょうはサマンサたんと相反しようかな。
サマンサたんは仕事してくれるかな。

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

猫って

たまにはこちらでも猫の話題を。

動物病院の待合室で猫についての番組が流れていました。
この病院、いつもアニマルプラネットが流れているのですが、
たまたま猫の番組だったんですね。

人間は、猫が人間と出会って1000年たつが、
いまだに猫を支配できていない。犬のように仕事をさせることは出来ない。
犬にとっては主人だが、猫にとって人間は隣人に過ぎない。
猫は誇りある生粋のハンターなのだ!

しかし彼らは人間たちと生活することの安全性と楽しさを覚え今に至る。
みたいな内容でほほぅと納得させられるものでした・・・。

TVでも取りあげられ始めましたが、最近なんだか猫ブームですよね。
「猫鍋」はじめ「猫ブログ」「猫マンガ」「猫カフェ」・・・・・・。
昨日のブロードキャスターで猫CMが増えたことを取り上げていました。
それは最近私も感じていたのですが、
猫のイメージが商品によってはぴったりはまるのではないでしょうか。
猫からはいろいろなキーワードがイメージ出来ます。
品のある美しさ、優雅さ、しなやかさ、自由、といったものから、
癒し、可愛らしさ、のんびり、長閑、といったものまで。
一見相反するようでそうではない。猫ってそういうものなんですよね。
だからこそフォルムを重要視する車のCMが多いのかもしれませんし、
くつろぎの象徴として賃貸のCMなどに使われるのかもしれません。

そういう捉えどころのない部分がまた猫の魅力でもあるのですけど。


でもうちのりゅんぞうはこんな感じです。

足


「もぞっ・・・」

ん?足?



にょき


「にょきっ」

そんなところに!


ちょっと


「潜っていたらちょっと暑くなってきた」

ツチノコみてぇ・・・

このあとまたしばらくして穴倉に帰りましたけどw

いろいろ占ってみました

キヨちゃんちやシバッチのところで見かけた占いをやってみた。


チミに足りないものカード
サマンサの足りないものカード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム




つまらん結果ですみません。

なんつーか他にもっと面白い結果があるだろう!

・・・と思って萌え属性も調べてみた。


チミの萌え属性カード
サマンサの萌え属性カード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム



悪魔っ子ってぶっちゃけ当たってないか?

元カレはともかく、冷徹ってのはいいわね。実際萌える。

そんな私の2008年はこんな感じだそうです。


チミの2008年カード
サマンサの2008年カード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム



どんな神が光臨!?

しかし離婚調停がなんで二枚もあるんでしょう。重婚か。

「ライラの冒険~黄金の羅針盤~」

ライラ02


試写会が当たったとのことでりかさんに誘っていただきました。
「ライラの冒険」は数日前に原作を読んではまっていたので、
絶対行くつもりではあったんですがこんなに早く観られるなんて感激!

という感じでドキドキワクワクで楽しみにしていたのですが。

・・・どうなんでしょうねえ。

映写機が壊れるってのは!(怒)

途中2回も3回も止まったおかげで集中できなかった・・・。
3回目止まったときはもう客席みんな失笑してたよ・・・。

てことで、これはもうまた観に行かないといかんなーと思いつつ感想。

ストーリーは原作をかなりコンパクトにまとめた印象。
確かに、細かいエピソードを入れると時間内に収まりません。
最近のあの手の映画はどんどん長くなっているので、
2時間以内に収めようという心意気はよろしいかと思いますが、
ちょっと説明が不足しているかなと思いました。
ただでさえ、分かりにくいパラレルワールドの話です。
そこにしか存在しない言葉についての説明は必要不可欠だったのでは。
「ダイモン」「ダスト」「ゴブラー」「教権」についてなど。
これでは観る人みんな予習が必要です。

さらに、きちんと描いて欲しかったなと思ったところもありました。
ライラがなぜアスリエル卿からもコールター夫人とも離れて、
ジョーダン寮で暮らしているのかとかビルのママとの関係とか。
ファーダー・コーラムとセラフィナ・ペカーラの関係もそう。
あらすじには関係しなくとも重要なエピソードだと思うけどなぁ。。。

あとはライラとロジャーが可愛くなかった・・・。
まあ、ライラはもともと可愛げのあるヒロインではないので、
アレくらいでいいかなとも思いましたがw
ニコール・キッドマンのコールター夫人のこれ以上ないくらいハマってた。
原作から抜け出してきたかのようでした・・・・・・。
しかしまああとにかくダイモンが可愛くて。期待以上に良かったです。
パンちゃんをはじめとする子供のダイモンが次々に姿を変えるとことか、
しゃべったり、動いたりする様がもう最高でした。CG素晴らしい。
とくにスコーズビーさんのダイモン、野ウサギ・ヘスター。
耳がピンと立ってて可愛かった~・・・なのに声が色っぽくて素敵。

そしてとくに最高だったのはなんといってもよろいグマ!!
イオレク・バーニソン!!!かっちょいい~!!!
この物語の中ではよろいグマ同士のバトルも見所だったので、
CGもなかなかよくできていて良かったです!

なにやら原作とは違うところでエンディングを迎えてしまいましたが、
あのあと気球はどこへ行ってしまうのか・・・・・・。

それも知りたい気持ちがあるので続きもぜひ観に行きたく思います。

いや、その前にもう一回リベンジだなこりゃ・・・・・・。

予想されたみたい(BlogPet)

きょうりゅんぞうはサマンサたんはライラ容認された!
それできのうサマンサたんと、予想されたみたい…
それで映像は一見するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

名古屋グルメを堪能してきました

久々の名古屋で食べたいものを満喫してきましたvv

ひつまぶし


まずはやっぱりひつまぶし!
リニューアルされた名鉄百貨店の上のまるや本店
初めて行ったお店でしたがうなぎのお味はまずまずでした。
ちなみに、お出汁でのお茶漬けがいちばん好きな食べ方ですvv

アジアンヌードル


これはライブ後にアジアンヌードルで食べた海老ラーメン。
予想外の味でしたが、やみつきになる感じです。
他のちょい辛めのにも挑戦したいな。

コメダ


名古屋の朝の名物といえば喫茶店でのモーニング。
とりわけコメダ珈琲のモーニングははずせません!!!
たまにヘンなメニューが出てくる喫茶店もあるので要注意ですが、
これは名古屋ならではの楽しい風習ですよね。

天むす


そして新幹線の中でのランチは乗り込む前に買った天むす。
天むすは少し小ぶりで物足りない感じではあるのですが、
名古屋駅のお弁当屋さん美濃味匠の夢天むす美味しい天むすでした。


及川光博「イチャイチャしたい」in名古屋

いやー。久々に名古屋に行ってきました。
なんのためって及川光博ことミッチーのライブ遠征のためですよ!!
今回のツアータイトルは

「イチャイチャしたい」

・・・全国のベイベーたちとイチャイチャしたいがコンセプトらしいのですが、
まあツアータイトルがおかしいのはいつものことです。
その前が「君こそスターだ!」で客(もちろん有志)をステージに上げて、
ひとりずつ踊らせたりしていたしね。あ、客じゃないわ。ベイベーだわ。

会場によってセットリストや衣装をいじっているようなのですが、
リピーターベイベーが多いので何度行っても楽しめてよいかと思います。
今回はピンクとブラックの市松模様の舞台にシャンデリアという、
キラキラの甘いテイストのステージ。みんなの衣装もピンク色。
オープニング。♪ダバダバダ~の音楽に乗せて聴こえてくる甘い声。
アナウンスはなぜか谷原章介。
しかも真剣に変なナレーションなの。ウケたわ。

ミッチーのすごいところはベイベーに対して誠意があるところだと思うのね。
アンケートや質問には移動中やライブ前に必ず目を通しているというし、
ファンレターも必ず自分ですべて読んでいるという・・・。
だからこそ、私たちも楽しめるわけです。

ライブもとっても楽しかったです。
踊って、踊って、叫んで、歌って。
ここまで楽しすぎるライブはそうそうないです。
そういえば「君こそスターだ!」DVDに収録されていた、
その場で即興で作ったぽいポン酢の歌(笑)
♪ポン酢ポンザーポンゼストが聴けたのはすごい嬉しかったわww

しかし今回の反省点は予習不足。
そのせいで昔の歌の歌詞や振り付けが出てきませんでしたがw
しっとり聴かせてくれた「ココロノヤミ」がすごくよかったな。いい歌です。
あとは「死んでもいい」が踊れてそれでもう満足でした。
SDRのダンスも「超超超超イイ感じ」で楽しかったわ(笑)

次の機会は絶対万全で行きたいな!ミッチーラヴ!!!

ルノワール+ルノワール展 (BlogPet)

サマンサたんの「 ルノワール+ルノワール展 」のまねしてかいてみるね

先日、お休みを取ったときに父親に対するオマージュと思います!!
しみじみ♪
私もルノワール息子の映像がいろんなところから集められていている「都会のダンス」「田舎のダンス」?

私も実は「都会のダンス」「都会のダンス」「都会のダンス」「都会のダンス」「田舎のダンス」!!


*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

ルノワール+ルノワール展

ルノワール+ルノワール展


先日、お休みを取ったときに観てきました。
Bunkamuraでやる展覧会は地理的に便利なせいかなぜか異常に混むので、平日の午前中がいちばんゆっくりと見ることが出来るのです。。。

面白いなと思ったのは、画家であるルノワールの作品と、
その息子で映画監督であるジャン・ルノワールの作品の対比が
今回のメインテーマになっているところでした。
私もルノワールの息子が映画監督だったとは知らなかったのですが、
絵の隣にリンクしている映画の映像が流れていて、
説明も分かりやすく大変に興味深い展覧会でした。
ルノワールの作品も、50点ほどがいろんなところから集められていて、
見応えあり、印象派好きな人にはぜひとも行って欲しいです。
ちなみに、ルノワールにはあとふたり息子がおり、
彼らもそれぞれ俳優、陶芸家として活躍していたそうです。。。

あといいなと思ったのが、ルノワールが家族や子供たちを
とても愛していたということがそれぞれの作品から伝わってきたこと。
だからこそ、ルノワール息子の映画作品に父親に対するオマージュと思われるシーンが多いんだろうなあと思いました。しみじみ。
個人的にはルノワールはそんなに大好きというわけではないのですが、
今回の展覧会は一見の価値はあったと思います。

ひとつ、残念だったのは TOPにも飾られている「田舎のダンス」。
これ以外にも実は「都会のダンス」「ブージヴァルのダンス」という、
同じような構図の作品があるのですが、出来ればこの2点も見たかった・・・!

ダンス


こんな感じで。

「ライラの冒険~黄金の羅針盤~」上下巻

ライラ


これはもう、絶対映画を観に行こうと心に誓った!

それくらい面白かったです。
このファンタジーが苦手なあたくしがここまではまったのは前代未聞。
「指輪」も「ハリポタ」も途中挫折気味(まだあきらめていない!)なのに!

おてんば、というよりもむしろチビッコギャングなライラの冒険活劇ですが、
実はこの先も続きがある物語で、壮大な3部作となっております。
いまは次の「神秘の短剣」を読みにかかっています。

最初の舞台はロンドン・オックスフォード。
そこから北への旅が始まります。
ただしそこは人は誰しもダイモンと呼ばれる守護精霊を持つ平行世界。
このダイモンがみんな動物でねー。かーわいいのよー。
子供のダイモンは姿を好きに変えられるのでいつもいろんな姿なの。
ライラのダイモンもアナグマだったりコウモリになったり・・・。
大人になると、姿は固定されてしまうんだけどね。
まあわかりやすくいうと、デジモンとかポケモンみたいなものです。
デジモンの方が近いけど戦いはしません(笑)

いま映画のCMがすごく流れているけど、
そこにも派手に登場しているよろい熊がまた!かっちょいい!!
熊さんは手先が器用で、熊たちだけでコミュニティをつくっていますが、
彼らはダイモンを持つ代わりに鎧を身に着けているのです。

手先が器用な熊って一体!!!
そんなツッコミはなしですが、それもぜひ映像で観てみたいものです。

話はダストと呼ばれる謎の粒子(ガンダム粒子やミノフスキー粒子とは関係なし)、カトリック教義などもかかわってきてなかなかに難しい話なのですが、子供にも大人にも充分面白い物語だと思います。

こんなお話を映像化できるなんていい世の中になったものです。。。
過去ログ +

2017年 07月 【28件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント