サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年01月
ARCHIVE ≫ 2008年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年01月  | 翌月 ≫

「IZO」

いぞー


突然決まったのですが、観に行ってきました。
「リア王」観たその足で。さいたま芸術劇場から青山劇場へ大移動(笑)。

劇団☆新感線といえば、昨年「犬顔家の一族」を観て、
この劇団とは肌が合わないかも・・・と思ったものでしたが、
今回の「IZO」は、なんといっても森田剛きゅんの大熱演に参りました!
もう何公演も続けているせいか、喉がつぶれてしまっていましたが、
それすらも以蔵の必死な生き様を象徴しているかのような感じでした。
武市半平太(田辺誠一)にすがる姿など、もう見ていられないほど、
哀れでいたいけで悲しみすら煽るもので。

萌 え た 。

結局そこかよ!という意見もあるでしょうが、
百聞は一見に如かず。ぜひご覧あれ。

しかし、新感線お得意のスクリーンを使った芝居ですが、
歴史に詳しくない人に対しても理解しやすいように作られていましたね。
まるでNHKのテレビ時代劇を見ている気分でした。
ただ、スクリーンをちょっと使いすぎかも・・・とも思いました。
それはすごく効果的ではあったんですが、
逆にスクリーンに映し出される和風なアニメ画(?)がないと、
話が進んでいかないのかしら・・・とそんな印象も受けました。
芝居→アニメ→芝居→アニメ・・・テンポが良すぎて息つく暇もないというか。

あと脇の役者さんたちがすごくよかったので(劇団の人でしょうが)
そんな方たちが出番の少ない役なのはもったいないなと。

また興味のある演目ならば観てみたいような新感線です。

「リア王」

リア王


シェイクスピアの「リア王」の物語は名前くらいしか知らず。
しかも予習もなしに観に行ったので多少の不安はあったのですが、

いやいや、さすがは平幹二郎!!!

老いて娘たちに裏切られ発狂するも穏やかな老王の姿。
その迫真の演技に涙をこらえられませんでした。
平幹二郎の舞台の上での存在感は評判どおりで、
他の俳優さんたちとは一線を画していました。
もちろん周りを固める俳優陣はみんな舞台では有名な方々ばかり、
一流の俳優ばかりなのですが。やはりさすが!といった感じでした。

父王を裏切る二人の娘ゴネリルとリーガンを演じた、
銀粉蝶ととよた真帆もあまりにも怖すぎてとっても印象的でしたが、
リア王に献身的に仕えるグロスター伯の息子(庶子)を演じた、
池内博之が想像以上に良くてびっくり。
舞台慣れしていない役者は声の出し方が分からずに、
声が通らず張り上げてしまい、喉をつぶしてしまいがちなのですが、
そんなこともなく、野心に満ちた黒い役を堂々と演じていて素敵でした。

しかし、いつものことですがさいたま芸術劇場は遠い・・・。



サマンサたんで補助(BlogPet)

きょうりゅんぞうは、サマンサたんでメディアみたいな仕事するつもりだった?
だけど、きのう、サマンサたんで補助ー!

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

新しいドラマいろいろ<第二弾>

続き~。

●金曜11時「未来教師めぐる」 ハジケ度★★★
いや~、クドカンぽくていいんじゃないでしょうか!
はちゃめちゃで脈絡もなくて、無理矢理な感じがいいんです!
お腹がいっぱいになると他人の20年後が見える・・・
なんてすごい設定。ばかばかしいにもほどがある。
でもそれがいいんです。
勝地涼くんの20年後なんてほんとすげいですw
深キョンのむちむちっぷりも気になるところですがww
でも気負わずに見れて楽しいよ!!

●月曜9時「薔薇のない花屋」 パペマペ度★★★
いつ本物のパペットマペットが出てくるのかも楽しみですがw 
全然関係ないけれど殿様のCMが気になるわけです。
なんだかただのほのぼのファミリードラマではなさそうで、
今後の展開が気になります・・・。
松田翔太のサッカーユニフォームも気になりますがw

ちなみにアニメはまた見逃しまくりです・・・・・・。
なにかお勧めあったら教えてください。


「手紙」



東野圭吾という作家は本当に多作なのでこれだけ読んでいても、
まだまだ読んでいない作品のほうが多いのです・・・。
しかも、ミステリ作家という枠にとらわれず、
いろいろな作品を世に送り出しています。
それが映画化された「秘密」だったり、この「手紙」だったりします。

弟を大学に進学させたいばかりに強盗殺人を犯した兄。
「犯罪者の身内」という立場になってしまった弟。
毎月送られてくる刑務所にいる兄からの手紙と、
世の中の「差別」に翻弄される弟の物語です。

これは世に言う「差別」に真っ向から立ち向かう作品ではありません。
むしろ作中の人物の言葉を借りてそれは仕方のないものだと容認しているのですから。
犯罪者の身内がその「差別」に対して正々堂々と生きていくことは間違っている。

・・・ちょっと言えないですよね。

自分自身が加害者でも被害者でも、
そのどちらの立場にもなったことがないのですから、
大半の人がピンとこないのは当たり前です。
犯罪者の身内だからと差別するほうが間違っているのだと、
そう思うのが普通だからです。でもそうじゃない。
そうじゃないんだっていうことがぼんやりと理解できました。

しかし、これ映画ではエリカ様がやってんだよね・・・。
エリカ様が出演あそばされていると聞くと、
現場は大丈夫だったのかなと余計なことが気にになります・・・。





あらためて「ハチミツとクローバー」

先日、ドラマを酷評したところですが、
また夜中にアニメも再放送していたのでこれも見ました。
ちなみに映画もWOWOWで放送されたものを見ました。
結果、

原作まんが>>>越えられない壁>>>アニメ>>映画>ドラマ

こんな感じでしょうか。
やっぱり原作の漫画が一番面白いです。感動があります。
私、漫画読んで泣いたもん・・・。

アニメは漫画にほぼ忠実だったし、
丁寧に作っていたのが伝わってきたからわりとよかったです。

映画は・・・全体的にぼんやり気味だったのが気になったけど、
キャスティングはよかったし、2時間に収めるためには仕方ないし、
映画ではここが限界なのかなと思いました。
そしてやはり伊勢谷が素敵だった・・・。
まあEDはスピッツだけでよかったのに、とは思いましたがw

ドラマはキャスティングが失敗なのでもう見ない。
今後のストーリーも期待できないしね。

あの原作の雰囲気をなんとか出そうとしている努力は、
すべてのメディアから伝わってくるのですが。
やっぱり・・・難しいんだなと。

それを思うと、漫画の力はすごいと思えてくるのよね。
最近はあまり気になる漫画がなくてちょっと寂しいですが。



寒い一週間でした

雪が積もった白い景色を見たのは本当に久しぶりでした。
そういえば去年は暖冬で全然雪が降らなかったんですよね。
寒いのは嫌いですが、雪が降った街の静けさが好きです。

今週は仕事が忙しくて毎日毎日残業をしてました。
20時を過ぎると空調がとまってむわっとしてくるんだよ・・・。
眼精疲労もピークだし、肩こりもキツイ・・・。
しかも帰る頃の時間がこれまた相当寒くてね!!!

ああ・・・週末は寝たおしたいな・・・。

たん(BlogPet)

きょうりゅんぞうは照明しなかった?
でも、サマンサたんの距離も勉強したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

「容疑者Xの献身」

容疑者Xの献身


これはすごい話だ!

この作品は直木賞にもミステリ大賞にも輝いたけれど、
ミステリ大賞についてはえらいセンセイの物言いがついたそうです。
この作品はミステリの枠からは外れていると。
確かに、ミステリという枠には収まりきれない感動作でした。
泣ける話じゃない「ガリレオ」シリーズなのに涙が止まりませんでした。
この話ほど真犯人が捕まらなければいいのに、
このまま真実がばれなければいいのにと思った話はありません。
今回は、湯川先生、この話じゃちょっと憎まれ役ですよ。

この話を「ガリレオ」劇場版にするんだったらぜひいい役者を使って欲しい。
そして、あえて草薙の出番を増やして欲しい。(結局それかい!)

相変わらず東野圭吾はすごい話を書きますね。



新しいドラマいろいろ<第一弾>

今回もマメに見て行きたいと思います!最初だけはw

●日曜8時「篤姫」 さすがNHK度★★★
これは最初から期待が出来る感じですね。
主人公が女性、脚本も女性ということで、
女性的な雰囲気の幕末の物語になるのではないでしょうか。
私も、薩摩藩の内情についてはまったく不勉強なのですが、
篤姫の周りの人々が有名な幕末の志士たちばかりだし、
幕末の藩の事情なども詳しく語られていてとても勉強になります。
この先は開国を迫られる頃の幕府や大奥も出てくるわけだしね。
今後もいろんな人が出てくるし、キャストも豪華。
若い俳優さんたちのキャスティングがナイスで楽しみです。
特に瑛太がとっても情けない感じで可愛いですvv

●火曜9時「ハチミツとクローバー」 がっかり度★★★
キャスティングのイメージがあまりにも違いすぎて愕然、
さらにのっけからオリジナルストーリー展開で萎えまくり、
しかもそれがまったく面白くなくて最悪でした・・・。
原作があるものは焦点がズレるとそれだけでダメになるけれど、
今回は下手に物語をいじったせいで本当につまらない話になっています。
あのキャスティングは絶対ありえねぇぇぇぇ!
あえていうなら、斗真と成宮だけなんとか許せる範囲。
なんだ?あのはぐちゃんは!理花さんは!修ちゃんは!野宮は!
・・・たぶんもう観ないね。映画の方が全然いいよ!

●木曜9時「交渉人」 踊る度★★★
「踊る大捜査線」を意識しすぎだと思います。
筧さんなんてどこをどうやっても新城にしか見えない・・・。
しかしずっと物語を見ていてもどこにも面白みがなく、
ぶっちゃけつまらん。
これもすでに毎週予約を解除してしまいました。
次の犯人は姜暢雄くんのようですがもう見れません・・・。
第一回目ってのは重要だと思うんだけど、
真面目に作るだけじゃだめでしょ。

ということで、来週は第二弾をお届けできればと思います。
過去ログ +

2017年 09月 【21件】
2017年 08月 【30件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント