サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年11月
ARCHIVE ≫ 2007年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年11月  | 翌月 ≫

テロ朝に物申す!

GPシリーズの放送、納得いかないよね・・・。

真央ちゃんとウミウシが出場するときしかまともなを放送しないのはいかがなものか。
中野友加里ちゃんや村主さんだって頑張ってるのに!!!
さらに男子なんか扱いも酷いものです。
大輔がいないとダイジェストのみ。
時間がないわけではなく、2時間のフリーの放送中にSPを何回流すんだってくらい、前回の演技だのインタビューなど、とにかく無駄に時間を使っています・・・・。
スポーツなんだから、視聴率至上主義な放送はやめてほしい。
男子なんか、大輔だけが世界レベルのつもりですかっての。

あと、解説はやっぱり伊藤みどりが一番いいわ。
荒川静香はだめ。
村主さんとは犬猿の仲なのは有名だけど、
ウミウシとは癒着の疑いがありw
かつウミウシとともに、真央ちゃんのことを苦々しく思っているふしがあるのでww
見解が偏っているんだよね。
みどりは説明も詳しいし、えこひいきがないからいいよ。

最後のNHK杯だけはNHKで放送してもらえてよかった。
いっそ、他のGPシリーズもNHKでやってくれれば有難いんですけどね。
でも、ファイナルはテロ朝なんだろうなぁ・・・。

◆GPファイナル出場者
男子 エバン・ライザチェック(アメリカ)、パトリック・チャン(カナダ)、
ジョニー・ウィアー(アメリカ)、ステファン・ランビエール(スイス)
女子 浅田真央(日本)、キミー・マイズナー(アメリカ)、
キム・ヨナ(韓国)、中野友加里(日本)

どちらもあと2枠ずつです。
NHK杯に出る大輔とウミウシは堅いとは思いますが。
もちろん、ペアやアイスダンスっていう種目もあるのですが、
テロ朝の中継にはまったくもって存在しないようです・・・・・・。

養老渓谷に行ってきました!

養老の滝


養老渓谷に行ってきました。
紅葉には少し早かったのですが、今年は例年よりも少し遅れているらしく。
でも、ところどころが色づき始めている渓谷も趣があって綺麗でした。
駅から歩いていったので、ほんとにかなりきついハイキング!
最後には足が痛くなったけど、久しぶりにいい運動になりました!!
しかし、養老渓谷はとにかく人が多くてびっくり。
しかも渓谷からの坂がかなりきついし、道路は狭くて観光バスでごった返し、
・・・あまりいい感じではなかったです。来年の紅葉はまた場所を考えよう。

小港鉄道


今回の目的は、養老渓谷というよりもそこに向かう電車に乗ることでもありました。
別に鉄オタというわけでもないんですけど、一度乗ってみたかったのです。
小港鉄道といすみ鉄道。山間を抜けて房総半島を横断する単線の電車です。
画像は小港鉄道。昭和っぽい電車なのでドラマ撮影にもよく使われています。
いすみ鉄道は黄色い車体がかわいらしい電車です。菜の花電車で有名ですね。

船盛り


宿は、内房線太海駅近くの「磯の宿 そとぼう」
こざっぱりとしたお宿で、部屋の目の前が海で景観最高!
お夕食は、伊勢海老、お刺身、サザエの壷焼、アサリの土鍋、白子のかき揚げ等等。
最後になめろうにお出汁をかけていただく、まご茶漬けが美味しかった!!!
貸切の露天風呂からも太平洋が一望でき、静かな夜の海と星空を眺めながら、
とても優雅なバスタイムでした。内風呂にも入ったけどちょっと狭かったなぁ・・・。

朝の海


こちらは部屋から見た朝日に照らされる海。眺めは最高でした。

たん(BlogPet)

きょうりゅんぞうはサマンサたんで話すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

「椿三十郎」

難しいことを一切考えずに、大人も子供もすんなり楽しめる痛快時代劇!
そして、ゆるいヒーロー椿三十郎。

なんとなく「踊る」の青島くんがそのままタイムスリップして浪人になったのかとw
森田監督は「絶対織田裕二!織田裕二じゃないと撮らない!」と言ったそうですが、
昔、三船敏郎によって演じられた椿はもっとリーダーシップにあふれていたようで、
これを現代風に「ややゆるく」撮りたかったのではないかと思います。

他の登場人物では、9人の若侍がどんくさくて本当に笑えたwww
松山ケンイチ演じる若侍のリーダーも坊ちゃん坊ちゃんしててかわいらしかったわ。
敵役の豊川悦司が冷徹で賢そうでとっても萌えだったわ!!!

面白い役どころだったのが佐々木蔵之助で、ひとりでいい味出してました。
最初は敵方で捕虜になっちゃったんだけど、その後押し入れに閉じ込められて、
押入れで椿や若侍の話を聞いているんだけど、そのうちに・・・。という役どころ。
あ、でも結局最後まで出てこなくて、その後どうなったのかがわからなかったのが残念。

黒幕たちもなんだかスリーアミーゴズってノリで、みんな鈍くさい感じ。
敵なのにいちいち笑えて憎めないの。

こういう、気持ちよく観れて、笑える映画っていいですよね。
やっぱり映画はこうでなくっちゃね!!!

椿

「カリギュラ」

カリギュラ


・・・・・・まあ、なんとも難解な舞台であることよ。
そりゃもう、あからさまに小栗目当てで観に行っているチュプたちの感想が、
「小栗君がすごかった!」だけで終わってしまう理由も分かろうというもの。

カリギュラとは、ローマ帝国時代の皇帝。その悪行振りは悪名高きネロ以上です。
私が持っている「世界史・悪の帝王たち」(桐生操著)の最初に載っているくらいww
歴史ヲタなので、こういう本でカリギュラの存在を知ってはいましたが、
カミュの原作は読んだことがありません。
実は私はカミュの著書は苦手・・・。
内容が、哲学的というのか、とにかく論じるのが好きなのか。
それがこの舞台にそのまま投影されていて、とにかく論ずる舞台でした。

小栗カリギュラはチュプの皆さんがおっしゃる通り、とにかくすごかったです。
第一幕、虚ろな足取りで舞台に現れるカリギュラ。
愛していた妹を失ってあと、「月」を探して彷徨っていたという。
静まり返った空間で亡霊のように彷徨うカリギュラの姿が恐ろしかった。
それほどの圧倒的な存在感がありました。小栗カリギュラ。
狂人の振りをして、ときには相手を試すように論じ合い、
ときには正気に戻ったように詩を詠う。そしてまた軽薄な振りをして笑う。
彼がとにかく忙しい様子は「情熱大陸」で見たとおり。
そんな中で、小栗さんはこれだけの難解な長ゼリフを完璧に覚え、
カリギュラという役を完全に物にしていました。
「アイドル俳優」だなんて口が裂けても言えないよ。彼は本物の役者です。

周りの役者さんたちもよかったと思います。
カリギュラを想う、汚れのない少年のようなシピオン役の勝地涼君。
罪も業も超越してカリギュラを愛し続けるセゾニア役の若村真由美さん。
このお二人はとくに印象的でしたが、レベルの高い役者さんたち全員が、
その「カリギュラ」という舞台を素晴らしいものにしたのだと思いました。。。

しかしまあ、とにかく難しい舞台でした。
セリフが多いので、セリフを理解しないと物語が理解できない。
私はというと、途中で集中が切れてしまってついていけず・・・だめだめでした。
もう少し、分かりやすいものの方が楽しめるかなと。
このいう展開の舞台は、もう少し時間が短いほうがいいんじゃないかな。

とにかく小栗さんはすごかった!!!

・・・このチュプ的な感想がすべてを物語っていました。

城田君が来てた。イケメンつながりwww
大きいしすっごい目立ってたんですけど、アンコールではスタオベしてました。いい人だわ。

今週のガユンダム#7

運命の男の登場によって刹那君の暗い過去が明らかになってきました。
こんな戦いのさなか、ミス・スメラギの巨乳が気になって仕方ない私ww

合同軍事演習にも軍事介入してくんのね。
だったらいっそ世界中の兵器を廃棄してしまえばいいのに。
被害を気にするくらいならそれくらいやってもいいんじゃないのと思ったわけだが。

同時多発テロキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━━!!!!!

なんだかなー。なんだかなー。
どっちもどっちだから、ソレスタルビーイングはテロに対して屈服しないだろ。

わ、結論出しちゃった。

ラルクのアルバムが楽しみです。なんせLINKから入ってますよ。
いつから出てないんだって話です。

その後秋ドラマ見てますか?

私はなんだかんだで結構続けて見てますよ。今年の秋はなかなか豊作です。

●月曜9時「ガリレオ」
1話完結で、毎週のゲスト俳優(犯人だったりキーマンだったり)がなかなか面白い。
慎吾が犯人役の回はよかったな。慎吾の黒い役久しぶりに見た!!
これは原作を上手くアレンジした脚本もいいんだろなと思います。
福山&柴崎コンビもいい感じだし、これは最後まで続けていけそうです。

●火曜10時「有閑倶楽部」

当たり前だがもう観てない・・・。

●水曜10時「働きマン」
こちらも1話完結。毎回毎回ひとりひとりにスポットを当てたつくりがいいのかな。
感情移入しやすくて、見ていて引き込まれる。
このドラマを見て、もこみちを初めてカッコイイと思いました。
津田寛治の方が素敵だけどね。わー。

●土曜11時「SP」
満を持して始まった「踊る」以来の本広ドラマです。
脚本は金城一紀、主演は岡田准一、堤真一。まんま「FLY,DADDY,FLY」ですがな。
第一回目は、どう見ても「踊るの新しいスピンオフ?」と思うくらいの「踊る」っぷりでしたが、
第二回目は、わりと普通のドラマ展開になっていました。
なぜなら今回は本広がかかわっていなかったから・・・。なるほど・・・。

岡田くんはかっこいいし、堤さんは素敵だし、他のキャストはなかなか面白いんですが、

脚本がいまいちだめです。

・・・直木賞作家を捕まえてそりゃないだろって感じですが、小説と脚本は違いますからね。
テンポもよくないし、セリフも凡庸だし、なんか微妙だな・・・と思っていたら、

「君はいい目をしているね・・・どうだい私のところで政治の勉強をしてみないか」

・・・なんですか、その使い古されていまさら誰も使わないようなセリフは。
しかもなぜかキャスティングに露木茂。すごい棒読みなのに(笑)。
適度に面白いとは思えるのに・・・何が駄目って脚本ですよ。
あとは、思わず「えっ?こんなことってあり?」と思ってしまうようなリアルじゃない展開。
最近のドラマは視聴者の目も肥えてるし、ある程度のリアルも求められてるからね。
いくら手術中で何時間も動かないからって、任務中に持ち場離れるなんて、
そんなのありえないでしょ?って素人だって感じるくらいなのに、どうなの?
・・・こういうご都合主義のリアルじゃない展開は萎える。
そう、見てて萎える瞬間が多いんですよ。
たぶん最後まで見続けるとは思いますが・・・今後面白くなるかなぁ。微妙。

風邪っぴき週間

夏以来、久しぶりに風邪を引いてしまいました。
急に冷え込むと身体が堪える年齢になってしまいましたよゴホゴホ。

もともと健康そのもの、風邪ひいても3日で治る!熱も一晩で下がる!!
そんな私ですが、実は粘膜が弱く、喉と鼻はわりとやられやすかったりするのです。
喉は、本格的に風邪を引く前日にご飯を食べに行った韓国料理屋さんで、
隣のテーブルの人々の焼いてたサムギョプルの胡椒に喉を直撃されたのも原因のひとつ。
むせたような咳が止まらなくて・・・いやはや大変でした。

今週は仕事もそれほど忙しくなかったのでそれも助かりました。
週末からは本格的に寒くなりそうですね。
いい加減に夏服と冬服を入れ替えなければ!!!

アップ(BlogPet)

きょうりゅんぞうはサマンサたんとアップする?
それでシーンを征服する?

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

今週のガユンダム#6

コーラサワーキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━━!!!!!

・・・で終わりにしようかなと。

まあ、政治的な駆け引きはいろいろ盛り上がっておりますが、
お姫様の諸国漫遊は続くわけですな。(メガネ女史がそう言ってた・・・)
刹那くんの過去の男が赤毛で髭だったので、シャンクスを思い出してしまいました。

さ、次々!!
過去ログ +

2017年 07月 【28件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント