サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年05月
ARCHIVE ≫ 2007年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年05月  | 翌月 ≫

おたくな大人買い

メイド・・・


いやー・・・久々に大人買いしました。
先日の休み取った日に時間つぶしで入ったブックオフで「エマ」を見つけてしまいまして。一気に大人買い。(本当は「メガネ男子」を探していたのは秘密ですw)

「エマ」はGWにアニマックスで一挙放送をしていたのを見てはまったわけですが。メイドものとはいえ本格的な19世紀ヴィクトリア王朝モノ。まだ身分格差が如実にあった中での、ジェントリとメイドの恋物語・・・もうそれだけでドキムネワクテカハゲモエなのに、それがいやらしい感じでなく、きちんと描かれていて静かな物語なのにとても面白いです。アニメの方は、色がついて動いているだけで萌え度upなのにそれに加えてビッグベンの鐘の音が入ってたりしてさらに萌え!古きよき大英帝国萌え!
・・・歴史オタでもあるからネ。

私がこの時代に生まれていたらどうなのかしら。
まあ間違いなく貴族とかではないと思うので(なんせ前世はネイティブアメリカンと言われたくらいですから・・)まあいいとこ・・・メイドだったのかもね。なんて。多少願望あり(笑)。

ワイン大会&アニメ大会

会社を休んで昼間からワインをいただく会に参加してきました。
なんとすばらしき休日!(いや平日ですから)

キヨちゃんがNLから空輸したというスパークリングワインはとても飲みやすくて、超美味!ワインを飲むとすぐにふらふらになる私も全然OKでした。
アオイさんの作ってくれたごはんも最高。パエリヤうままー。グレープフルーツのサラダもさっぱりしてて大好き。空豆の冷製スープがすごくおいしかったです。夏はこれだね!

あとはいつものようにアニメ大会突入。
ロミオとジュリエットが面白かったので(なんつーかドキドキして乙女萌えする)ぜひ今後はチェックしていきたいと思います。

ワイン大会 パエリヤ 和光のケーキ

はじめての交流戦

交流戦を観に行きました。ヤクルトVSソフトバンク。
今年はソフトバンク!・・・と思っていてもなかなか行く機会がなく、
今シーズン初めての観戦です。いやー長かった。

そして気がつけば・・・怪我人続出、ムネリン長期離脱
一番怪我しそうだった多村が見れたのでよしとする。
打ったしね。勝ったしね。
まあヒット3本で3点はいいのか悪いのか。(悪い
しかも先発がもっとも好きではない杉内では応援する気もちょっと削がれ・・・まあぅまーくんが見れたからいいか

しかし、この日は寒の戻りでもう信じられないくらい寒くて(スープとコーヒーが売れていた)普段なら「野球はやっぱり野外だよな!」な私もさすがにドームが恋しかったです。。

神宮

でもここにFBIはここで利用したかった(BlogPet)

きょうりゅんぞうがマツへスピンするつもりだった?
なのにここへマツにオフしないです。
そしてりゅんぞうはここへFBIは狂気を関係するつもりだった。
でもここにFBIはここで利用したかった。


*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

パソコンが死んだ

ちょっと前から体調がよろしくなくて、データなどは少しずつ移動させてたんですが・・・ついに。ついに立ち上がらなくなりました・・・。真っ白な灰に・・・ってジョーなのかよ!(ひとりツッコミももはやむなしい・・・)

そんなわけでちょっと更新が滞りがちになってしまうと思いますが、次にパソコンを買えるあてもありませんが・・・まあ気長にお待ちくださいませ・・・。会社で暇なときにでもがんばりますので・・・。

という感じの演目で(BlogPet)

過去素敵とか、ない髪形やものすごい醜女など高いかな・・・
演目はさすがの存在感でしたがそのまま生かされていた鳴神上人を演じるのは市川染五郎
これぞ歌舞伎!
という感じの演目で、それを中村吉右衛門の鬼平が生で見られるんですよ・・・!
しかしテレビの時代劇をどんな風に歌舞伎でやるんだろうと思っていてなんと言っても過言でやるんだろうと思っていたのです
なんだか年配の説明とか衣裳の解説までしていたんです!
過去素敵とか、ない髪形や憤怒の形相を表す隈取、見得をどんな風に歌舞伎でやるんだろうと思っていた鳴神上人を演じるの動き、怒髪天をつく髪形やものすごい化粧で楽しそうに演じていたのが、果たして私に理解できるのかとドキドキしながらの観劇でしたが、果たして私に理解できるのかな
しようとか、価格とか定番とか・・・(そんなようなことをイヤホンガイドのおじさんが言っていたのですが、丁寧に言葉の説明とか衣裳の解説までしてくれて・・・)
といった話
太郎冠者が釣った女がどうしようもないアレですよ・・・!
しかしテレビの解説までしていた鳴神上人を観てきました独特の動き、怒髪天を演じるのは市川染五郎
と、りゅんぞうが考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

「下弦の月~ラスト・クォーター~」

映画の感想連発でスミマセン。
深夜映画で放送されていたので「これは!!」と思って観ました。栗山千明に成宮くんとなかなか豪華な感じなのよね。そこにHYDEとあってはもう・・・観ないとサ。そういやまだ例のガックンと共演映画も観てないわけだが。まー・・・いいんでないのか。思ったよりは下手ではない感じがしたけどwでも幽霊役だからよかったのかもwwHYDE兄さんに普通の役は来ないのか?(来ないだろうな・・・)劇中の曲はなかなかよろしい。英語はどうなのかはなはだ疑問ですが。

中学生ふたりの制服がかわいかったなあ。マントみたいなやつ。あと映画が全体的にゴシックぽい雰囲気だったけど、成宮くんだけはアメリカンポップテイストで似合ってた。その対比ももよかった。栗山千明ちゃんもいろんなカッコしててかわいかった。
漫画は実は矢沢あい作品はかなり読んでいるのにこれだけ読んでない・・・(NANAは途中で買わなくなってるww)のでちょっと原作のアダムさんを見てみたい。

アヤシス・・・

「ブレイブストーリー」

つらいときつらいっていえたらいいのになー


うううーん。

原作はもっとよりいっそう素晴らしいのだろうなあ。

・・・と思わずにはいられないあからさまなはしょりぶりが残念。原作読んでないのにすごーーーくはしょってしまっているのがわかりますからね・・・。映画じゃなくて普通に1クールのアニメにしてしまったほうがよかったのではないでしょうか。なにもかもが展開がいきなりすぎて(ハイランダーになったくだりとかも、大泉洋に出会ったのとかも、いやもうすべてが)ワタルにもミツルにも感情移入が出来ず、なんか最後までぼーっと見ていただけって感じがしますた。映像はさすがに綺麗だったし、声優陣にもそれほど違和感はなかったですが、映画にするにはちょっと時間が足りないでしょうね。

宮部みゆきの書く話はどれも好きなので、原作を読んでみようと思います。ファンタジー小説はとっても苦手な私ですが、映画を先に見たおかげでなんとか私の中の美術さんや小道具、大道具さんもがんばってくれるはず・・・!(相変わらずまだこんなこと言ってますww)

「デスノート前編・後編」

デスノート


今更ですがやっと前編後編ともに見れました。
なんと言っても主役ふたりにつきますね。藤原竜也が天才なのはもうずいぶん前から分かっていることでしたが、彼はやっぱりすごいなぁと改めて思い知らされ、さらに誰の予想も裏切って素晴らしかったL役の松山ケンイチ。略してマツケン。正直、少なからず原作を齧っていた身としては、やはりキャスティングが一番気になるところでした。月=藤原竜也ってのは、よくぞキャスティングしてくれた!!と諸手を上げての熱烈歓迎でしたが、まだマツケンは未知数でしたからね・・・でも彼がLになった姿を見てびっくり!なんせマンガから抜け出したかのようなホンモノがそこにいたんですから・・・!!!!!今やってるボイロボのマツケンと同一人物とは思えないよ(;・∀・) 物語自体もは月vsLの天才対天才の図式がメインですが、実際のところも、天才・藤原竜也にマツケンが挑戦するような図式だったのかもね。

ストーリー的にも、前編・後編ともによくできていたと思います。映画用に変更されたオリジナルな部分もとくに気にはならず、ていうか私、マンガを最後まで読んでないんで・・・だから気にならないのかもしれませんね・・・。とにかく、原作が素晴らしくできあがっているものですからね。まさか「ラッキーマン」を書いた人が原作者だとは・・・それを知った当時はもう顎が外れそうなくらい驚きましたw
前半の見所はやっぱり月がデスノートを駆使してレイとFBIを始末するくだりかなあと勝手に思っているのですが。でも、極悪人だけを殺すはずの「正義」だった月がただの「殺人者」になってしまった分岐点でもあるんですよね。自己防衛のために関係のない人間を殺し、そしてそれ以後はそれに歯止めがかからなくなる。そして殺意は自分をもっとも疑っているLに向けられる。その後の月はLを殺すことがひとつの目的になり、そのためなら利用できるものは利用し、ついには恋人までを犠牲にしてしまう・・・。そして前半は月がLと出会う、いよいよ!といういいところでころで終わります・・・。
後半もいろんなことがあって本当に面白い。デスノートの特性を生かして、わざと記憶にない状態にしてしまうなんて、愚民な私ではとても思いつきもしないです。月とLとの攻防は、ホントにチェスのようではらはらさせられました。あとはなんといっても、ラストシーンでしょう。私はもうはらはらと泣いてしまいました。圧倒されるのは、正体がばれてしまった月の狂気の演技。さすがは藤原竜也!とひとりスタンディングオベーションですたww「静」のLと「動」の月が、すごく対照的で、藤原竜也の演技力はただただすごいなと。本当にすごいなと感動しました。あと印象的なのが、最後に笑ったLの笑顔。あれでまた泣けた。原作のある映画ってのは批判的な意見が多いものです。なのにこの映画が原作と変わらずに広く受け入れられた理由は、やはりLによるところが大きいと思うんですよね。だからこそのスピンオフ決定でしょう。スピンオフ「L」楽しみだなあ・・・。

いやあ(BlogPet)

りゅんぞうは焼肉がびっくりしたかったみたい。

スーパーコミックシティに行ってきました・・。


いやあ、今日は買った♪
しかしフタを開けてみると、野球とサッカーばかりだったわけだが。
ムネ受けがいっぱいでりゅんぞうゃ満足だよ。

でも、プチオンリーをやっていたのか、SEED全盛期の中にやたらとガンダムがたくさんあってびっくりΣ(・ω・ノ)ノ なぜだかシャア×アムロばかりだったから買いはしませんでした!!!(*´∀`*)



*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。
過去ログ +

2017年 10月 【22件】
2017年 09月 【29件】
2017年 08月 【30件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント