サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年04月
ARCHIVE ≫ 2007年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年04月  | 翌月 ≫

萌えって寒いんですね

ゴールデンウィーク2日目。なんて素晴らしいだらだらゴールデンウィーク。にゃんこを傍らにアニマックスdeアニメ見まくりです。オタクらしい生活が戻ってきてなんだか幸せ・・・。「英国恋物語エマ」を見たいと思っていたので深夜にまた最初からやってくれて相変わらずグッジョブなアニマックス。あの時代の英国ってやっぱり素敵だなぁ。漫画も読みたいな。「パラキス」「NIGHTHEAD」も見てみましたがこちらはいまいちだったな。パラキスはやっぱり漫画のほうがいいし、NIGHTHEADはあのトヨエツ&武田真治ドラマの方が禿げ萌えた。

そうそう「おお振り」にブリザード萌え中です。

この萌えってバーニングじゃないんです。普段話すときなどに「萌え」と「燃え」を区別するためにそういう表現を使いますが、おお振りにはものっっすごく寒い萌えを感じるのですがどちて?どちて坊やになっちゃいますよ?(こういう表現も古すぎて寒いわけだが)
やっぱり主人公1と2が素で「好きだ!」と連発しあったり、手を握り合いながら涙を流したり、ナインに「欲しい!」と言わせるあたりがそうなのか・・・?
ああ来週も楽しみだ。追っかけ放送で最初から録画するぞ!シーズンも終わりなのでサッカーセットは解約するけど、アニマックスだけはスカパ入ってから一度も解約したことの無い私・・・何気にそのためにスカパ契約しているような気がしてきたよ・・・。

samantha(BlogPet)

samantha1026で、経験♪


*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

ゴールデンウィーク

怒涛の月末進行を終え、やっとゴールデンウィークですね。
1日目はまったりのんびり、掃除・片付け・DVDの整理にPCの整理、などなど家のことをして過ごしました。猫トイレも丸洗いしたしね!!りゅんと昼寝もしたしね(笑)!!

今月から新しく派遣の仲間が増えたのですが、それがオフィスワーク経験ゼロの人で、これがまいった。私がトレーナーだったんだけど、なんとパソコンもほぼ初心者。おかげで私はPCインストラクターのようなことまでやるはめになってしまって(笑)。しかし、私の職場の仕事はとにかくやることが多いうえに、臨機応変に対応を求められることも多く、営業からの要求も様々なうえに、なぜだか営業より詳しくないといけない・・・。パソコン業務はそれほど高度なものを求められるわけではないけれど、いちいち「右クリックして」「enter押して」なんて言って教えてあげないといけなくて、こんなパソコン初心者・オフィスワーク初心者ではとても勤まらないんじゃないかと薄々思ってたんだけど、結局、その人は4月中で辞めることになりました。というのが、やはりもとからいる他の仲間も私と同じように思っていて、最終的には私が部長に言いました。同じ「派遣」という立場で、自分でも何様だと思うくらいですが、今後のことも考えると仕方がないことでした。言ってよかったと思うのは、彼女自身も自分のスキルでは務まらないと不安を抱えていたらしいこと。だから、辞めると決まったときに少しほっとしていたみたいです。初心者ならば、それなりに見合った職場もあるから、今度は彼女にも勤まりそうな職場がみつかるといいなとは思いますが。なんだか後味が悪くてちょい凹んでます・・・_| ̄|○

最近は派遣の需要のほうが高いから、時給がいいという理由でバイトやフリーターだったオフィスワーク未経験者が派遣に流れてくる傾向らしいのですよ・・・。覚えの早い人ならそれでもいいんですけどね~。次に来る人はちゃんとした経験者ならいいんだけど。

ええじゃないか

ツアーの締めが富士急ハイランドですと・・・?

何やらす気ですか ラルクさん。

再びあのフジヤマに乗りに行くべきか・・・?
ガンダムライドに乗ってちょっと気持ち悪くなったりw
そういえば、ええじゃないかどころか、ドドンパにも乗ったことない!!

・・・ということで、検討中。夏の遊園地野外LIVE・・・。

´∀`(BlogPet)

いつも、samantha1026は
今度鬼平を歌舞伎で見られるとのことで、なんと観にいけることになりました!(りかさん多謝♪)いつもドラマとはまた違った鬼平が見られるのでとっても楽しみです(*´∀`)
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りゅんぞう」が書きました。

「コンフィダント・絆」

一度は見てみたいと思っていた三谷舞台を観に行きました。
しかも最前列!(毎度のことながらりかさんありがとうvv)
中井貴一・寺脇康文・相島一之・生瀬勝久という豪華布陣を最前列で観られるなんてあーた!!この上ない至福!!しかも題材が19世紀のパリに集った画家たちの物語とあっては期待も高まろうってなものです!!もともと私はゴッホの作品が大好きで「彼の短い一生の物語を映画化すれば絶対に萌えるのに・・・!!!(*´д`*)ハァハァ」と心密かに考えていたものですから・・・(*´д`*)ハァハァ

配役は中井貴一=ジョルジュ・スーラ、寺脇康文=ポール・ゴーギャン、生瀬勝久=フィンセント・ファン・ゴッホ、相島一之=エミール・シュフネッケル。この4人とモデルのルイーズを加えた5人で、アトリエで織り成す人間模様が、一筋縄ではいかない三谷演出で描かれておりました。これで面白くないわけがない!と期待も大きかったのですが、もちろん期待の上をひた走る面白さでした!!

まあ、とにかく笑って、笑って、笑って、笑いました!

とにかく役者がいいですもん!それぞれがそれぞれのキャラクターを互いに負けないように十分に生かしていくだけの実力が十分にありますしね!しかもそういう強烈な個性のぶつかり合いから笑いを生むのは三谷光喜がもっとも得意とするところですよ。

そんな中でも中井貴一はやっぱり目を引きました。
彼の演じたジョルジュ・スーラは、ゴッホやゴーギャンと比べると、落ち着いたインテリ風の役でしたが、そんな彼が感情を爆発させ慟哭するシーンではそのやるせない気持ちが伝わってきて、私も涙が出そうになりました。やっぱりすごい役者さんでしたね。
いつも激しい天才肌のゴッホも、ちょっと軽そうで軟派なゴーギャンも、地味でいい人なシュフネッケルもとてもよかった!ルイーズはちょっと・・・口調が演技してるっぽくて気になりましたが、劇団四季出身らしく歌が上手な女優さんでした。演奏はピアノのみ。それぞれに焦点を当てたオムニバスっぽく構成されてましたが、ブツ切りっぽくもなく、伏目伏目にルイーズの♪ゴーギャン、ゴッホ、スーラ パ シュフネッケル~の歌が入って、いい区切りになっていたし。ルイーズのために男4人でハーモニーを奏でるシーンも可愛くて素敵でした(´∀`)

そういえば、幕間のあとに三谷光喜が登場!思わぬサプライズでした!小さなアコーディオンを披露して、すでに舞台でスタンバってる中井貴一にジロッと横目で睨まれて(笑)、そそくさと退けて、そのまま第二幕へ・・・という演出も楽しかったです。

最後はそんな4人がバラバラになってしまう、悲しいエンディングが待っていて、芸術家はやはりエゴイストなんだと思わせられるラストなんですが、暗転したあとの、4人が最初に出会って、これからのことを語り合っているシーンで幕・・・のラストがとても好きですね。

思いっきり拍手を送りました。

新着アニメ語り

いくつかの中で見ているのが「地球へ・・・」地球と書いて「テラ」と読むと、「おおきく振りかぶって」噂の「おおふり」くらいですかね。アニマックスで毎日やってるハガレンもかかさず観てますが何か?
「地球へ・・・」はさすがの竹宮センセイですね。絵も綺麗でCGもすごい。映像のクオリティも高いし、物語のクオリティも高い。今だからこそアニメになるべき作品だという気がします。これからの展開がとにかく楽しみ!!!
「おおふり」は、少し前からめちゃめちゃ腐女子受けしている理由が、始まって10分で分かりました・・・(;´Д`)

ええ、観ますとも!!!

いつも(BlogPet)

いつも、samantha1026は

鬼平の良さは、ストーリーの面白さ、いつものキャストの皆さんの演技はもちろん、今はもう失われてしまった江戸の「粋」が感動の端々に息づいているところ・・・。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「りゅんぞう」が書きました。

感動した!

なんだか・・・かなり古い表現ですが、ほんとに感動しました。

アラスミちゃんがチャンピオンズリーグでゴールを決めるなんて、
もしやリーズがミラクルを起こしたときぶりなのでは?
そうでなかったとしても、彼がゴールを決めたシーンで
私は涙がこぼれました・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ケガにリバビリにと1シーズン棒に振って、相当キツかっただろうし、
なかなか試合には出られないしで本当に辛かったと思います。
そう思うとまた涙が・・・(´Д⊂グスン

とにかく、復活ゴールおめでとうアラスミちゃん!!

ガッツ!

「男たちのYAMATO」

なんつーか・・・


こんな感じ?




  亡国のイージス

<<<越えられない壁>>>

<<<大海原>>>

  男たちのYAMATO


  ローレライ




この2005年公開の終戦60周年記念映画は。
そして最後にTVで放送された「男たちのYAMATO」はよく出来た映画だったとはおもいましたが、まるで 萌 え な い 映画でした。そしてなぜかあまり泣けない映画でした。なんでだろーなんでだろーと考えたのですが、大和が沈んだこととか広島に原爆が落ちたこととかはもう歴史的事実として私たちは知っているわけです。それで終戦間際に「来週から広島に行くの」とか「広島の実家で待っています」というせりふが登場人物の口から出ると、「ああ、そういうことか」と先が読めてしまうんですよね・・・。そういう部分がやたらと目に付いて、泣けなかったように思えます。
悪くはない映画だったけど、「亡国のイージス」と比べるとやはり越えられない壁がそそり立ち、大海原が横たわっているわけですねww
ああ、でも松山ケンイチ&蒼井優ちゃんはとってもよかったです。微笑ましくて可愛かった(*´∀`*)
過去ログ +

2017年 05月 【20件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント