サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年07月
ARCHIVE ≫ 2005年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年07月  | 翌月 ≫

今年の鈴鹿はパソコン観戦。

宇川徹さんがついにミスター8耐に(笑)

いやいやいや、ついにこの日がやってきてしまいました。私は今年も現地観戦はなりませんでしたが、なかなか楽しく観戦できました。しかし今日はスカパーで観るつもりだったのに、いざスタート時間にPPV購入しようとしたら「購入できません」の表示がガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!そういえば電話代を払っていなかった!と思い出し(すっかり忘れてて止められてましたw)急いでコンビニに。電話はすぐ復旧したのでいざ!・・・と思ったらやっぱりダメ。かくなるうえはと、他に見られる方法を探したところありましたネット配信が。ヤフーのトップにあるじゃないですか!もはやあとのことなど考えずに申込み即ストリーミング開始。実況スレでテキストが何も表示なくて状況がわかりにくいという話だったので、スズキのホームページのサーキットライブも開いてばっちり。まあ映像もとくに問題なく(配信がライブより1分遅れていた以外は)あ、現地と同じ実況がとってもウザかったですけれども。まともに実況してほしかったよ。スレでは大不評だった。もうみしなさんいないのかな・・・。サーキットライブは現地で観戦している友人も状況を聞いてくるほどに分かりやすくて、とくにトップチームの位置情報や各車のタイム表示、現在の走行ライダー情報、ピットインの状況などなどサーキット全体の状態が手に取るように分かってよかったです(*´∀`*)

それにしても今年もセブンスターホンダ7は素晴らしかった。スタートがゴールまでずっと1位。どこのチームも追いつけなかった。・・・去年の井筒さんとのペアはほんとに完璧だと思ったけど、今年の清成くんとのペアも非の打ちどころがなかったです。とにかく1周のタイムが細かく分かるのでそこには注目していたんですけど、ふたりのタイム差がほとんどなくて正確なんですね。速すぎることもないけど遅れることもなくて。とにかく耐久向けの走りをしていたふたり。そしてあのバイクすごいですね。CBR1000RRW。予想してたよりもとんでもない速さでした・・・。あのバイクに対抗できるバイク作らないと他のメーカーには無理だろうと思うよ次の年も。
そんなこんなで宇川さんはついに通算5勝目で歴代の優勝ライダーの中で、もっとも多く優勝したライダーとなったわけです。まあこの人のすごいところは、今までの4勝も含めてペアライダーが違っても正確な走りが出来るってことなんじゃないかと思うわけです。ペアが違うとバイクのセッティングも変わってくるだろうし、テストライダーやっててもホンダの開発ライダーってわけでもなし・・・(しかも今年はモリワキのテストライダーだし)もうすっかりベテランになってしまったわけだけども。10年近く応援してきたライダーが8耐に名を刻むことになってあたしゃ嬉しいよ。よかったね。うんうん。おめでとう。結局、ホンダのワンツーで3位がオートレースに転向した青木ハルちゃんのチーム。(しかも監督が元スマップの森くんでした)これもめでたいなと。表彰台の上で、2位の藤原克昭くんとじゃれていたのがなんだか感慨深かった・・・(このふたりはまだノービスのときに4耐で組んで優勝してるから)あと最後まで頑張ってたFCCの788号のイトシンがステキだった・・・完走おめでとうお疲れ様( ;∀;) カンドーシタ 本当におかげさまで今年はじっくり観られたからここに書きたい話はいっぱいあるんだけどね(笑)途中で雨が降ったせいでイレギュラーなピットインがあったり、転倒車も続出したりしてたけど、完走できたチームも多かったみたいでよかったな(´∀`)

来年は行けるかなぁ・・・・・・。(サッカーがなければなw)

20058耐

マンチェスターユナイテッドがやってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

マンチェスターユナイテッドがやってきました!ということで鹿島アントラーズとの試合を観に行ってまいりました。ま、実際のところ、実は私はここのライバルチームのファンなので、実はマンUにはそれほどの愛はないんですけど(笑)。そこはそれ、大好きな選手がいるのでもうすべてを見逃すまいというくらいの勢いで双眼鏡観戦慣行。

アラスミちゃん


リーズ時代から応援している大好きなアラン・スミスさん。
このプラチナブロンド、ひとりだけ相当キラキラしていて、とんでもなく目立っていました。彼のことばかりを見ていて、試合の内容はほとんど覚えていませんが(ちなみにマンUが負けたwまあレアルと同じく着いた翌日に試合はしんどいんじゃないの?)(・ε・)キニシナイ!!

地震の二次災害とは

本当の恐怖は、地震じゃなくて二次災害なんですね。しかも人為的というか、生活するうえでの問題というか。つまり今回は交通網が一番の被害を受けてしまったわけなのです。
この日、私はお台場に冒険に行ってました。(いやつまりお台場冒険王などといういま最も旬なイベントに出かけていたわけですが)しかし実は混むのがイヤで早めに出かけて早めに帰っていたのですよ。そして地震が起こったのです。もしもまだそのままだらだらとお台場に残っていたらどうなっていたかというと。

①フジテレビの24階から階段で避難。
いや~、恐ろしいですね。あそこの大階段だけでもウザイというのに(笑)24階から7階(大階段のとこ)まで階段で延々降りる・・・考えただけで脱水症状になりそうです(;´ρ`)
②お台場に閉じ込められる。
ゆりかもめもりんかい線も地下鉄もとにかく電車という電車全てが止ってしまっておりました。もちろんレインボーブリッジや高速道路も閉鎖だったことでしょうw・・・となったらどこから脱出するの?あの街・・・・・・。
③おうちにたどり着けない。
地下鉄が止まる→電車の本数が減る→混んでて乗れない→帰れない_| ̄|○

本気で、ディズニーランドで遊んでいた人々は、帰れずに舞浜駅で夜を明かしたりしてたそうです。恐ろしい・・・!まあそれが関東で地震が起こった場合の大問題なんだろうなと思った次第です。会社に行っていたらどうなったかなとそれを考えるとまた恐ろしいわけですが((;゚Д゚)ガクガクブルブル

「アイランド」

珍しく試写会が当たりまして(ありがとうスカパ)何かというといつも誘ってもらってる懸賞女王のAさんを誘って観に行ってきました♪
|-`).。oO(・・・まあ応募してたことなんぞ忘れていましたが・・・)

まあこんなような近未来アクションもの、監督が「アルマゲドン」「パールハーバー」のマイケル・ベイ・・・と聞いては、まあ大した期待も出来ないというものの(笑)大好きなユアン・マクレガーに(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ出来ればいいかと大して期待せずに行ったんですが・・・


すんごいよかったよ!!!


2時間16分もあったらしいのですが、そんな長さなど全然1秒たりとも気にならないくらいの面白さでした!ストーリーももちろんなのですが、映像もよく出来ていたと思うし、クローンたちが着せられている真っ白で無機質な近未来ぽいコスチューム、彼らが住まわされているコミュニティの外観やインテリア、空を走る列車や未来型の乗用車、街角のインフォメーションブースにいたるまでデザインというかディテールが素晴らしい。なんだか全てにおいてスキのない感じでした。

以下ネタバレ含む。近未来といっても微妙な近未来2019年。うわおー漏れまだ生きてるよ!(多分)舞台は「外の世界は汚染されている」と信じている人々が暮らしているコミュニティ。そこで暮すリンカーン(ユアン・マクレガー)は快適すぎる環境やある日偶然施設内で見つけた蛾の存在(もちろん彼にはそれが何か分からない)、そして誰しもが憧れる「アイランド」の存在に疑問を抱き始める。「アイランド」とは1日1回行われる抽選会で当選した人間だけが行くことが出来る夢の島・・・のはずだった。ある日リンカーンは晴れの「アイランド」行きとなったはずの仲間が、無惨にも生きたまま臓器を摘出され、またある妊婦が出産した直後に殺される・・・その状況を目撃してしまう。そこで彼らが本体である人間に対して臓器を提供するために作られたクローンであることを知ってしまうのだった。しかも次に「アイランド」に当選したのは、彼が不思議な感情を抱いていたジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)・・・。そこで彼女を連れて逃げ出すわけですが、ここからの追っ手がまあすごい。すさまじいまでの逃走劇が繰り広げられるわけです。逃げ出すことによって外に情報が漏らされては困ると(依頼主たちはまさか自分のクローンがそんなとこで生かされているなんて知らない・・・中のセリフで「自分が食べる牛には会いたくないだろ?」とかなんとかいうセリフがあるんだけどまあそんなような理由で隠している)、コミュニティの管理者・メリック博士(ショーン・ビーン)が元フランス特殊部隊出身とやらの民間軍事会社みたいのを雇うんだけど、このリーダーがこれまた冷徹でかっこいいのよね(笑)!彼らが追跡に使う空を飛ぶ黒いバイクとか軍事ヘリもカッコイイ!協力者のおかげでなんとかロスまで逃げるんだけど(コミュニティはアメリカ西海岸あたりにあるらしいw)そこからまた追われて・・・リンカーンは自分のオリジナルに会おうとする。「本体は必ず自分を助けてくれるはずだ」と・・・。さて本体は本当に助けてくれるのか!追っ手はまだまだあとを追ってくる!そしてリンカーンが逃げ出したことにより、彼と同じ世代のクローンが処理されようとしている・・・彼らを助け出してそして解放することが出来るのか!?

いやいや、本当に最初から最後までドキドキするストーリー展開とアクション、そしてわりと人間模様・・・クローンだけど・・・が描かれていたりして、本当に全然期待していなかったんだけど、とってもよかったです。ショーン・ビーンもとってもステキでしたvv終わった後に思わずほっと息が漏れました。程よいドキドキ感とスピード感が心地好い映画でした。この夏お勧め!!

今年もみたままつり♪

今年も行ってきましたみたままつり♪毎年の恒例なのでやはり行かねば気がすまない、みたいなところもあり。しかし今年は暑かった・・・というか暑すぎた(´ヘ`;) 市ヶ谷駅でりかさん&わんさんと待ち合わせて靖国神社まで歩いて、お参りしてから(これ重要。首相がどうするかはともかくやっぱり忘れちゃいけないことなのです)・・・即ビールで乾杯ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 焼き鳥食べて、じゃがバタ食べて、お好み焼き食べて、かき氷食べて・・・・・・。


大満足で靖国神社を後にしました(笑)


早ッΣ(゚Д゚)

スターウォーズ週間

ここのところエピソード3の公開に合わせて3日おきくらいにスターウォーズシリーズを放送していたので、これを機会に全部見てバッチリつじつまあうことが出来ました(´∀`)
もともとスターウォーズにはあまり興味がわかなくて(以前書いたけどヒーローとヒロインが全然好みじゃなかったからwとくにレイア姫全然美人じゃなくてだめぽ)エピソード1を見るまで放置状態だったわけです。しかしちゃんと見ると確かに面白い話でした。全世界的に人気が出るのも分かりますた。しかしまあ、これもみんな可愛いユアンが出ていることを思えば。あのユアンがあんなうっすらハゲのかわいそうなベンことオビワンじじいになってしまうのはなんだか切ない話ですが(´Д⊂グスン

それにしてもパダワンユアンも若きジェダイマスターユアンも、そしてすっかり貫禄あふれるマスターユアンもステキだ・・・。今年の夏はユアン祭りだね~アイランドも楽しみだわ(*´∀`*)


アマゾーンダダダー♪(エンディング)

そんなわけで秘密のアジトでアマゾンの続きを見てきました。

いちばん驚いてしまったのがアマゾンの言葉がカタコトでなくなってしまったこと!DVDの2巻と3巻の間にいったい何があったのか・・・!今までは「アマゾン、トモダチ」「アマゾンわるくない!」などとしゃべっていたアマゾン(アマゾンは赤ん坊のときにアマゾンのジャングル上空で事故にあった飛行機に乗っていて家族と死に別れ、その後はジャングルで動物たちと生きてきたせいで言葉も知らなかった)が、「困ってるみたいだねおやっさん」「アマゾンにまかせろ」なんてしゃべるようにΣ(゚Д゚) そんなのアマゾンじゃないよー!!ヽ(`Д´)ノ

でもまあ、相変わらずの昭和テイストに噛み付いてオレンジの血飛沫を浴びるアマゾン!必殺技「大切断」で怪人の首が腕が足が飛ぶ!みたいな、絶対日曜朝の8時半からは放送できないような映像満載( ゚Д゚)ゴルァ!! 
しかも特撮のお約束的に、ゲドンを倒したと思ったらさらに新たな敵が出現!その名もガランダー帝国!ゼロ大帝!(しかしただの仮面のおじさんなわけだが)戦う相手が敵も○○獣人なところは変わらないんですが(笑)なにやらこれまで以上に東京を壊滅する気マンマンのガランダー帝国!Ψ(`∀´)Ψケケケ
こんなのとか。がんばってますガランダー帝国!

富士山の溶岩を東京の地下に流す作戦


しかしまあさらってきた人間たちに穴を掘らせるといういったいこの作戦は何年計画??みたいなノリですたが。まあこんなような具合にガランダー帝国は日々頑張っているわけです。しかし毎回アマゾンに見つかり、獣人は大切断で切断されるというかわいそうな運命に(´Д⊂ しかも今度のガランダー帝国所属の獣人たちは忠誠心に厚いらしく、みんな「ガランダー帝国万歳!」とか言いながら死んでいったりします。

さあ、あとはDVDは4巻目を残すのみ!いつ見られるんだろう・・・_| ̄|○

アマゾンのドアップを撮影してみますた。

アマゾン

ミュージカルバトンつづき。

続きって勝手にナニさらすねん!とかいうほどのものでもないんですが、これのせいで週末たっぷり悩みましたよ本気で。5曲しか選べないなんてなんて酷な・・・!それほど短くもない人生の中で、その時々に真剣に大好きだったアーチストだっていたわけですからね。でももう今は聴いてないからダメなんかな・・・。で、まあ5曲に漏れたほかの曲のことも書きたいなと思って(笑)。

尾崎豊「卒業」スガシカオ「黄金の月」山崎まさよし「One more time,One more chance」オリジナルラブ「プライマル」シンディ・ローパー「Time after time」・・・他にもいっぱい。TMだったりU2だったり、プライアン・アダムスだったり・・・・・・。キリがないのでこの辺で。

思わずクラシックを2曲も入れてしまったのであぶれてしまったんですね。クラシックにはそれほど詳しくはないんですが、それでもまだ入れたりなかったのがベートーベンのピアノソナタ第14番「月光」と第8番「悲愴」だったりします。意外に自分が思っている以上にベートーベン好きなのかもしれませんがw
あとディズニーランドの「エレクトリカルパレードのテーマ」なんだけど。正式名称なんていうんだろう??あれを見ると私はいつも泣きそうになるんですよ・・・なんなんだろう・・・。綺麗すぎて。

他にもなんだかオモシロそうなバトンがいろいろあるみたいです。「萌え」とかきたらヤバイですな(w

ミュージカルバトン

うわあ!ついに来てしまいましたねミュージックバトン!
ちょくちょく覗いているサイトさんなどでよく見かけてはいたんですが。とりあえずはご指名ありがとうトモハルさん(笑)。ということでそれほど気の聞いた答えが出来ないような気がしますがいってみよー!


□Total volume of music files on my computer(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)・・・1.35GB。ギガギガ。大きいのか小さいのかわかりませんが。私のコンポがもうかなり前から壊れてしまっているから意外と入っているだけですトホホ。まあ音楽を聴くのもパソコンいじっているときぐらいですしね(´∀`)

□Song playing right now(今聞いている曲)ラルクさんアルバム「AWAKE」の中の巨人軍応援歌(東京ドームでもかかっていました)というとあゆさんが怒るのでwもとい「New World」です(・∀・) お金がないので買うのを先延ばしにしていたら弟が買ってきましてさっそく聴いています(笑)。

□The last CD I bought(最後に買ったCD)・・・本気で最近何にも買っていないの(´`lll) たぶん去年買ったミスチル「シフクノオト」が最後。

□Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)コレ困りますね。5曲に絞るんですかそうですか。あきらかに今よりも昔の方が音楽に傾倒していたので昔の曲ばかりになってしまいますが。

B.BLUE/BOΦWY
何年たっても大好きです。どの曲が一番好きかと言われるとそれはまた別の曲なんだけど、パッと出てくるのはやっぱりこの曲。一番BOΦWYらしい。去年のヒムロックライブのオープニングを飾ったのはやっぱりこの曲だった。確かにあの場でこれ以上ふさわしい曲はなかったと思われます。

Tears in heaven/エリック・クラプトン
この曲を聴くと思い出すのが若井伸之選手のこと。彼はWGP125ccから250ccにスイッチしたばかりでそのシーズンの活躍を大いに期待されていたんだけど、決勝前の予選の事故で亡くなってしまった。彼が生前トレードマークにしていたフラミンゴのモニュメントは今でもそのサーキット(スペインのヘレスだったと思う)に建っています。大好きなライダーさんでした。彼が出られなかったそのGPのエンディングでこの曲がかかって涙が止まらなかった・・・私の、彼の記憶はこの曲とともにあります。

交響曲第九番/ベートーベン
いきなりなんだと思われるでしょうが(笑)私の高校の卒業式では「蛍の光」でも「仰げば尊し」でもなく、この曲を歌うことこそがメインイベントなのです!しかも歌うのは在校生の方なので卒業生だけがメインじゃない卒業式なのですな。あれはあれなりに感動する卒業式でした・・・。ということでドイツ語でいまだに歌えてしまうこの曲。たぶん一生忘れられないと思うね・・・(´-ω-`)

Tchaikovsky - Swan Lake/Adventures In Motion Pictures
ヘビーローテということでこれを。白鳥の湖のAMPバージョンです。私の音楽年表(そんなんあったんか)の中でここまで聴きつくしたサントラってのはありません。病気のように聴いていました。というかまだまだ聴いています。

DIVE TO BLUE/L’Arc~en~Ciel
最後の1曲はラルクさんで。やっぱりいちばん好きな曲なんだなこれが。いっぱいいっぱいいい歌あるけど自分的にはこれなんだ。

■Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5人)おまたせいたしました。さあ何人がこのブログを読んでくれているかが不安なところなんですが。見てたら皆様ヨロシクお願いいたします(*´∀`*)

アオイさん/ショッキングピンクカメレオン
あゆ☆さん/GLOBAL DRIVE
キヨちゃん/Flowerkids
シバッチさん/がちょうさんと一緒
りかさん/vivace
(五十音順w)

・・・どうでもいいんだけど弟の友人のブログ(面白いので勝手に見ているw)でもこれやってて、ヤツは加藤ローサにバトンを回していた(笑)。・・・回ったのか?

アーマーゾーーーーーーーーーーーン!

今日はアオイさんちで仮面ライダーアマゾンの特別上映会にお呼ばれしてきました。いや別に特別も何も、ただたんに「アマゾンが見たい!」との趣旨で集まった私とアオイさんふたりだけの上映会・・・。ということでみなさんは仮面ライダーアマゾンをご存知でしょうか。まあ名前くらいは聞いたことがあるとは思います。私も変身時に「アーマーゾーン!」と声を上げることくらいしか知りませんでした。詳細はこちら

・・・でどうだったかというと、思っていた以上の昭和テイストが濃厚な上に、初期段階ではアマゾンの必殺技はとくになく、アマゾンの腕にあるギギの腕輪を狙う悪の組織ゲドンが次々に送り込んでくる獣人を倒すときに噛み付いて食いちぎって勝利!獣人は赤や黄色の血飛沫を上げながら絶命!とかそんなんです。ワイルドにも程があります。しかも主人公アマゾンはジャングルで生まれ育ってしまっただけあって、言葉が喋られず日本語もカタコトで自分の名前すらも知らない。夏でも冬でもいつも腰ミノ1枚で東京を徘徊し(冬になってやっと上の服を与えられる)、かつ唯一の理解者・マサヒコ少年が子役時代の松田洋治でまたひと笑い。ああおかしい。しかもタイトルが「金色のカタツムリは死神の使い?!」とか「ゆけアマゾン!カニ獣人の島へ!」とか、まるで在りし日の川口浩探検隊をほうふつとさせるタイトルとロゴ。最高です。水曜スペシャル、かかさず見ていました(笑)。

しかし、残念ながらあまりの濃さに半分見るのが精一杯。体力の限界を感じて今回はお開きと相成りました。続きはまた後日。また報告をします。とっても美味しいランチ付きの濃厚上映会でございました(笑)。

なまはむ
過去ログ +

2017年 08月 【22件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント