サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2003年10月
ARCHIVE ≫ 2003年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2003年10月  | 翌月 ≫

映画::「踊る大捜査線 THE MOVIE2」

※ネタバレなうえに古参ファン振りが鼻に付くとてもイヤンな日記です(笑)※

※毒々しいです・・・いろいろ思うところがあったので先に書いておきます※





全体的にはテンポがよくて面白いので楽しめます。誰でも。

そう、テレビシリーズとか前作とか知らなくても。



ただ根本的な部分を知らない人は本当の意味で理解できない。

実は、他の人の感想とかレビューを読んでいたら、

「室井さんが秋田出身ってなんでみんなが知ってるの!?」

なんて驚いている人がいて、こっちが驚いたっつーの。

なんで知らんのや。そんなんで感想書くな。読む方が恥ずかしいわ。



・・・と言いたくなるような感想が多くて正直萎え萎え(´Д` )



きっと雪乃さんが最初は刑事でも何でもなかったことなど知らないのね。

彼女の警察官としての成長物語はテレビシリーズの流れとともにあるのです。

ひとりひとりにそれぞれドラマがある物語なのでちゃんと見てほしいです。

このドラマが好きだったからホントに声を大にして言いたいです。



だって、青島くんと室井さんの絆もわかんないでしょ!?

キャリアの室井さんとノンキャリの青島くんがなんであんなに信頼しあっているのか。

和久さんと青島くんの関係とか、すんごい大切なのにわかんないでしょ!?



とりあえず映画を見た人も、まだこれからって人も、

とにかくテレビシリーズをちゃんと見てください。

それから語ってくれ。それならあたしもナニも言わん。以上。





・・・てことで、ここから普通に今回の映画の感想ね。



ちょっと長いですね。詰め込みすぎ。

前作と同じようにいくつかの事件が平行して起きるってのは分かるけど、

詰め込みすぎて余裕がなさ過ぎて、中途半端に終わっている部分が多数あり。

長さはこのドラマ独特のテンポの良さがあって、ガマンできないほどじゃないけど、

それでもちょっと長いかもなぁ。2時間スペシャルにしてTVでやってくれ(w



んで結局、小西真奈美ちゃんとか岡村さんとかあれだけでしょ。

犯人を目撃したのかしてないのかその後狙われることも出番もなく。

ジョビジョバ一行の意図も、結局なんだかはっきり掴めなかったしな。

まあ岡村さんは・・・岡村さんだからいっか(w



あと気になったのはやっぱり・・・真矢みき演じる女性管理官。

あそこまで徹底した「悪役」振りはある意味とてもすっきりするんですけど、

なんか・・・女性ではダメだと暗に言われているような気がして。

ま、この場合は本人に難ありだったってのは分かるけどね。

警察はやはり男社会なのだね。ちと寂しいのぅ。



あとは、和久さんと副総監の姿を見てちょっとせつなくなりました。

だってアレが何十年後かの青島くんと室井さんの姿かと思うと・・・(´Д⊂

(副総監誘拐事件はMOVIE1)



個人的にはテレビシリーズのときから筧俊夫の新城管理官が好きなのだ。

筧俊夫とは思えないほどの冷徹なかっこよさが(・∀・)イイ!

でも公式に書いてあるプロフィールよりは大分柔軟になったよねぇ。

あと魚住係長のキャラが大好きなのよね。

なんてったって奥さんがフィンランド人なんだぜ(w



最後にこれから見ようという人のための注意書き。



1.ヤフーのレビューは読まないほうがいいです。(荒れてますw)

2.ほかの人の感想も読まないほうがいいです。(萎えます)

3.エンドロールの映像はきちんと見ましょう。(潜水艦も写ってたようです)

4.岡村さんの出演に期待してはいけません。(マギーさんの方が美味しいぞw)

感動の日本シリーズ

「感動をありがとう」

「夢をありがとう」



なんて嘘っぽい言葉だけど、なんだかそんな言葉しか見当たらないカンジです。

今回の日本シリーズは、あたしにしてはわりとマトモに見て、

そしてひっそりと阪神を応援しておりました。理由は以前書いたとおり。



正直なところを申しますと、ダイエーが強かったんだと思います。

それは第1戦、第2戦を見てそう思いました。

甲子園で阪神が勝ったのは、そこが甲子園だったから。

今回はホームでしか勝てない「内弁慶シリーズ」なんて言われたけど、

どっちも「ホームでは絶対負けない」っていう自信があったってことだよね。



勝てない、じゃなくて負けないなんだよ。



ただ、最後の第7戦が甲子園だったなら・・・と悔やまれるのですが、

これが勝負だから仕方ないよね。みんなよく頑張ったよ。

日本一にはなれなかったけど、それでも今期は凄かった。

このセ・リーグ制覇はずっとずっと語り継がれると思うから。



星野監督にはお疲れ様、身体をお大事にと言いたいです。

きっと別の形でまたあたしたちの前に戻ってきてくれると思うからね。

誕生日とは古今東西めでたいもの

うわぁ?!いつのまにやらもう誕生日が終わりだ!



こんなところでナンですが(そして見てない方もいらっしゃるでしょうがw)

おめでとうメッセージくださった皆様、どうもありがとう。



ナニがいちばん嬉しいって覚えておいてもらえたことが嬉しいです。

またひとつ年を取ってしまったけど中身はそのまま・・・。

去年とやってることが変わらない・・・・・・むしろ悪化中(w

平凡な人生なんてない

「平凡な人生はいやだと思いませんか?」というのが本日のテーマでした。



 「学校に通い、勉強や部活をがんばる」といった平凡な生活を送るだけだったら、

 自分が何のために生きているのか分からなくなります。

 誰もやっていない新しいことに挑戦して、社会に影響を与える人生を送ってこそ

 「自分が生きる意味」をはっきりと感じられるはずです。

 そうなれることを目指して、今、ぼくはつらい思いをしながらもヨサコイソーラン祭りへの参加など、

 様々な課外活動に挑戦しています。

 みんなは自分の人生が平凡であることに耐えられますか?

 「自分にしかできないこと」を成し遂げて、一度限りの人生を輝かせたいと思いませんか?







いや、もうすでに先週HP覗きに行ってこの提案意見を読んだ時点で、

「・・・ナニ言うとんのやコイツ」でしたが(笑)。



見ていて感じるのは、どうにもアレに出ている10代っコは、

「夢を持って頑張ってる人>夢を持ってない人」と思い込んでいるのよね。

確かに「将来の夢を持って頑張ってる人は凄いな」って思うけれども、

でもだからって、夢を持ってない人より偉いとか努力してるとか、

そういう考えに至っちゃうのがなんだかもう、子供なんだと思うわけです。

夢を持っている自分の方が頑張ってる、とか思っている方がどうかと思いますが。





提案者のコが道場破りのコに向かって「こうはなりたくない」って言ったのね。

今回の道場破りは普通の大学生。おそらく卒業したら普通に就職するだろうっていう。

彼は大学生活を楽しみながらもすでに現実を見据えた発言をしていたんだけど、

10代のコたちから見ると、夢がないとかいうことになるみたいなのよね(w

あたしは大学を卒業してから、やりたいことを見つけて専門学校に入りなおして、

そして希望の仕事で頑張っている人を何人も知っている。

10代のうちに夢を見つけられる人とそうでない人がいるのは当然だし、

大学に入ってからいろんな付き合いの中で見えてくるものだっていっぱいあるんだからさ。

回り道かもしれないけど10代のうちから成功ばかりを夢見てどうすんだ。

結局は、「夢を持っている」つったって現実を見据えずに夢を見ている段階にしかすぎないんだよ。





彼らはきっと普通にサラリーマンしてる父親や主婦してる母親を見て、

こんな平凡な人生は送りたくない、なんてお門違いなことを思うんだろう。

毎日ちゃんと仕事をこなして税金払って、みんなそうやって家庭やこの国を支えてる。

平凡な人生なんてない。それぞれオンリーワンな人生なんだから。

そうやって、いわゆる「平凡」に生きている人たちと、社会的有名人とどっちが偉いとか凄いなんてないだろっての。





今日のオトナ代表・石田衣良(作家)はとてもオトナでしたね(笑)。

それは彼が回り道をして作家として成功したからだと思う。

(石田衣良は「池袋ウエストゲートパーク」を書いた方です)



提案者のコが「それは成功した人の意見だ」とか「トップになりたいと思わないんですか」とか

オイオイって思うような、すんごいことを聞いていたけど、それにもきちんと答えてたしね。

逆に、このコには「本当にやりたいこと」とか「好きなこと」がないんだなってのが分かってしまった。

そしてそれを見つけたいから必死になって、ムリしていろんなことをしまくっていること。



石田さんは「成功しなくても書き続けると思うよ」「書くことが好きだから」と言っていた。

・・・あたしは「平凡非凡うんぬん」よりもそれが大事なんだと思ったんだけど。

提案者の彼には伝わったんでしょうかね・・・。

つらいんだこれが

・・・・・・今月は結局2日間も休んでしまいました。

休める会社でよかったけど、休めない会社なら医務室がないとダメだわ。



前の会社では、よくロッカーで寝ていたもんだけど(笑)、

今のとこは医務室もなければロッカーもなければないうえに、

デスクに座っているとどうしてもいろんな人が質問に来てしまうのよね。

それに対して、答えたり調べてあげたりという気力とか余裕とかがなくなるので、

それなら行かない方がいいよなー・・・と思ったりしてね(w



漢方も試したりしたんだけどねー。治らないわねー・・・。

来月はせめて休むのは1日にしたいな。がんがろうっと・・・。

サッカー::チャンピオンズリーグ第3幕

・・・自分的に萎え萎えの第3節でございます。

でも試合はたくさん見たので一応触れておきましょう。でも_| ̄|○



なぜ萎え?なのかというと、あたくしの燃え(萌え含む)チームが負けたからさ。

ライブ中継の時間は真夜中なのでまあ普段はビデオ録画です。

そんでだいたい朝の「めざましテレビ」とかで結果を知るんだけど、

・・・・・・水曜日は朝からご近所もビクーリの絶叫だったっつーの。

「ギャアァァァ!アーセナルが負けとる!!」

・・・もう負けちゃいけないのになんで負けちゃったんだ_| ̄|○

今年もグループリーグでサヨウナラなんてイヤだ!がんがれ!!



そして木曜日。あたしは体調が悪くて会社休んでたんだけど。

とりあえずミランでも見るかー・・・と思ったら負けとる_| ̄|○

・・・・・・負けた試合は見ない主義のあたくし。

タカピョソの布団を全部干して、空いたベッドへ自分の布団ごと移動し、

CL再放送をそのままかけっぱなしでエンドレス観戦・・・(w



見たのは、ユベントスvレアルソシエダ、チェルシーvラツィオ、

そして、レンジャーズvマンU、レアル・マドリーvパルティザン。



ギャー!連続して4試合も見てるわよ!見すぎだよ!!



それぞれ面白かった・・・レアル・マドリーの試合以外はね。

別にあたしがアンチレアルって理由じゃなくて(笑)、

普通につまんない試合だったので(w

なんせ途中ちょっと寝てたくらいだったからねー・・・・・・。



よかったのはユベントスかなー・・・すごい強かった。まさに全員絶好調。

みんなよかったけど特にネドベド。4点目のスルーパスに感動。やっぱ天才だ。

デルピエロいなくてもこれだけ強いなんてズルいわ。

ソシエダだって弱いはずないのにまるで寄せ付けなかったからね。

結果は、4?2だったけどその2点もオウンゴールとFKだから。

えっっらい差を見せ付けられた試合だったわ・・・・・・。

やっぱり、右カルピンで左デペドロ、トップはニハトとコバチェで行くべきだったと思うわ。

イ・チョンスもよく走ってて悪くないけど、まだ合ってないっぽいカンジがした。

・・・ってあたしがこんなとこで語っても監督は見てないわよーうっ(笑)。



ラツィオとチェルシーの試合も面白かったな。

クレスポが出られなかったのは残念だったけどランパード絶好調だった。

ランパードの調子が良かったから勝ったようなカンジがする・・・。

とりあえずホームのスタンフォードブリッジで勝ててよかったよ・・・。



マンUはね?・・・正直なとこ試合内容ではレンジャーズの勝ちだったので、

レンジャーズに勝って欲しかったと思う。

結果と内容はベツモノだけど、・・・ものすごくがんがってたからさ。

あの攻めっぷりを見て、レンジャーズすごい好きになりました(w





とまあ、トホホな結果には触れないままに終わる。トホ・・・_| ̄|○

「ツバサ」×「xxxホリック」

漫画好きさんには「このヒトの漫画は読む」ってのがあると思うんだけど、

あたしにとっては、実はこのCLAMPがそうだったりします。

もちろん他にもいろいろおりますが(浦沢直樹とか)今回はCLAMPについて。



ていうかマガジン連載中の「ツバサ」とヤンマガ連載中の「ホリック」。

リンクしてるってことで当然のように2作品とも読んでいます。



「ツバサ」はそりゃまあ「ホリック」と一緒に読んだ方が楽しめるとは思うけど、

人物設定もはっきりしてるし完全にパラレルワールドとして成り立っているようなので、

おおまかには「ホリック」を読まなくてもこの作品だけで読むことは出来ると思います。

でも「ホリック」には他の作品の登場人物の存在を匂わせるような発言もあるから、

・・・結局はCLAMP全部理解している方がいいのかなぁ・・・。

今後もどういう展開になるかわからないしね。

それにCLAMP作品をほぼ網羅している方がより楽しめるだろうしね。

とりあえずは「CCさくら」「X」「聖伝」「レイアース」かな。

「X」を読むなら「東京バビロン」は不可欠だからこれもね(w

まだまだこれからヒトは増えそうだから、いちおうは全作品と言っておきましょう(笑)。



「ツバサ」は異世界のさくらちゃんと小狼くんの物語。

カードキャプターじゃないさくらちゃんですが(藁)小狼くんがカッコイイのですよ(*´∀`)

「ホリック」は(たぶん)あたしたちが知っている日本の不思議な魔女の不思議な物語。

・・・・・・とでも言っておきましょうか。



あたしの功断ちゃんはどんなコなのかしら。

(※功断・・・ひとりにひとつ憑いているモノ。護ってくれる。)

功断いいよね!マジ功断ホスィー!阪神共和国(笑)はいい国だな!!

”TRICK OR TREAT” in Tokyo Disneyland!

実はハロウィンのディズニーランドに行くのは初めて。

うきうきわくわくかぼちゃ色に染まったディズニーランドに・・・。





今日のテーマは「まったり楽しむ」。

日曜日なのでめちゃコミです。120分並ぶのはイヤンです。

そんなあたしの今日の唯一にして最大の目的は、



「カリブの海賊」の衣装を着て写真を撮る!



・・・笑ってるわねそこ!ジャックになってみたかったんだよ!(オイ

そんなワケです。女3人、3人とも海賊きぼんでした。

着たいのは綺麗なドレスよりも海賊衣装なんですよ。オタクですみません。

そして笑えるおかしな写真が出来上がり。

ここに写真を載せるわけにはいかないのが残念ですが(w



お昼はハングリーベアで野菜カレー(かぼちゃ乗せ)。こんなとこにもハロウィンが。

デザートはハロウィン仕様のプーさん柄のカップ入りかぼちゃプリン。



お土産物もハロウィン仕様の缶入りのお菓子がいろいろあって、

中でもヒットだったのはみかんネットに入ったプラスチックのかぼちゃ。

かぼちゃのカタチがそれぞれキャラクターの顔になっているのだ。

もちろん中にはお菓子が入ってるんだけどこれはバカ売れだったわ。



デカかぼちゃがいろんなところにぼてぼて置いてあったり、

かぼちゃの頭の案山子が立ってたり、モトからあるオブジェもかぼちゃ頭にされてたり、

屋根の上にもかぼちゃ、ベランダにもかぼちゃ、とにかくかぼちゃ祭りってカンジで。



そんなかぼちゃのパレードはもちろん”TRICK OR TREAT”

お化けや骸骨を引き連れた、オレンジと黒の衣装のミッキーを先頭に、

眼帯姿の海賊ドナルドやらかぼちゃの馬車に乗ったシンデレラが(w

おかしなダンスも踊らされ(だって振りの中に「猫パンチ」とかあるんだもんw)

ハロウィンパレード、初めてだったけど楽しかったです。

(厨なオバサンがいてちょっと欝でしたが・・・)



そんなこんなで実は乗り物にはほとんど乗ってません(笑)。

だってホントにプーさんなんてずっと120分待ちだったんだから。

ファストパスなんて取ったのビッグサンダーマウンテンくらいだし、

あ、でも初めていかだに乗ってトム・ソーヤーの島に渡ったんですよ!

あたし、あとカヌーさえ乗れればやっと全制覇だわ・・・!



夜のメインはなんといってもエレクトリカルパレード。

相変わらずこれを見ると涙が出そうになるのよね。綺麗でした。



そしてやっと晩御飯・・・「北斎」に予約を入れてました。

実はここで食べるのも初めてだったんだけど、美味しかったわ。

パレード見ててすっかり冷えてしまっていたのでうどんが美味かった・・・。



てことで、みんなと別れて、あたしは逆方向へ帰宅。

いつもは待ち時間が長くて1時間くらいかかるんだけど、

なにやら珍しく乗換えがうまくいって40分くらいで帰れました。よかったよかった。



でも・・・まあもうそろそろランドはいいかもなホントに。

今度はクリスマスイベントのシーに行きたいと思います。ワーイ。

大人になる前に知るべきことがある

今日見た「しゃべり場」のオトナ的感想(道場破りでも可w)などを。



「スタンダード英会話」の流れで久々に「しゃべり場」を見た(笑)。

驚いたのはジュンスカじゃないMY GENERATIONがかかったこと。

イントロだけですぐ分かったよ。ジュンスカはあたしの青春だったんだもん(w

・・・これだけでトシがバレそうな悪寒だけどさ。好きだったんだよ。

175Rの皆さんもジュンスカ好きだったのかしら・・・・・・。



本日のテーマは「クラスでのグループはいらない」だったんだけど、

アレですね。昨今の教室事情を垣間見てちょっとビビったよ。

「グループをなくしてグループ以外の人とも仲良くしよう」

「ひとりになるのが怖くて無理してグループにいた」

「でも合わない人とムリに仲良くしようとするのは苦痛だ」

「そんな広く浅いつきあいで親友は出来るの?」

「親友の定義って」

「イジられることを前向きに取れれば」

「でもグループって今しか出来ないものだから」

・・・要約してしまうとそんなカンジになっちゃうんだけどさ。

なにやらイマドキの教室では派閥が出来て、一見仲良さ気な雰囲気の中で、

実はグループ同士、もしくはグループ内の冷たい闘争が日々繰り広げられてる模様。



うーん、あえて自分の話をする。

グループは別にあってもいいんじゃないかなと思った。



中学時代ね、実はうまくグループというものに溶け込めなかった。

ていうか教室の中に溶け込めるグループがなかった。

だったら、と思って休み時間のたびにいろんなヒトとしゃべったり、

教室移動もいつも違うヒトとだったり、とにかくもうこだわらないようにしたのよ。

そのグループというものにね。幸いイジメに合うようなタイプではなかったので。



高校時代もそうだった。ふらふらといろんなグループに混じったり離れたり。

話の合うコ、趣味の合うコ、話してて楽しいコ、優しいコ、尊敬してたコ。

いろんな人間がいるんだから、いろんなつきあいがあってもいいんじゃないって。

お昼休みに一緒だったグループがあったけど、あたしは食べ終わったらすぐ隣のクラスに遊びに行ってた。

大好きだった音楽の話は違う高校に行った中学時代の友達と毎日夜中まで電話で話してた。

フロアも違う別のクラスのオタク友達とは毎日マンガを交換して貸し借りしてた。

通学は違うクラスの中学時代の近所からの友達と一緒に3年間ずっと。

学校帰りのカラオケは帰る方向が同じの別のグループの友達と。



いろんな友達がいたよ。でも今もコンスタントに続いている友達はいない。

地元を後にしているんだからある意味それは必然ではあるんだけど寂しいとは思わない。

だって今もちゃんと、この場所でステキな友達がたくさんいるからね。



でもあたしと同じようには出来ない人がいることを忘れてはいけないわけで。

たとえば今日も出てたけどいじられキャラ。

それを「オイシイ」と思えるヒトとそうではないヒトがいる。

オイシイとは思えずそれが苦痛なのならば、それはいじりじゃなくてイジメだ。



「みんなと仲良く」なんていう広く浅いつきあいじゃ親友が出来ないとか言ってたけど、

あたしはいまだに親友ってなんなのかわかんない。

親友と友達の境界線ってなんなんだ。境界引かなきゃいけないのか。

むしろ「親友」っていう言葉にとらわれすぎて、

広くつきあうことを避けてる・・・ような気さえする。

提案者の男の子のようにグループをなくせとまでは言わないけど、

みんなもっといろんな人と話をしようと言う意見には賛成。

広く浅くつきあってみるのも自分の糧になるよ。



なんだかまとまってなくてアレだけど「しゃべり場」もいつもまとまってないし(w

彼らの社会では、これこそがいま直面している深刻な問題なんだから、

結論なんか出なくても大いに話し合えばそれでよし。がんがれ10代。

ああ、素晴らしき食生活

あたしは食べ物の好き嫌いがあまりないので、食生活は楽しんでいる方だと自負しております。

(嫌いなもの・・・納豆、パクチー。梅干は克服済み。)

人間の食生活が、宇宙食みたいな固形物ばかりになったりしたらどうしよう。

どこかに移住を考えてもいいかも・・・食生活を楽しむ風習が残っているところへ。

食事まで楽しめなくなったら人間として辛いと思う。

ドッグフードの生活なんてイヤだ。



・・・とまあ、それはともかくですよ。

昨日見たテレビがこれまたあたしの食欲中枢を大いに刺激したわけで。



「どっちの料理ショー」は塩バターラーメンvsネギ味噌ラーメン。

(あたしはネギ味噌支持派だったのに結果は塩バター勝利)

「Vシュラン」は親子丼。(卵トロトロのヤツが食べたかった・・・)



そんなサマンサちゃんの本日の食事はこんなカンジ。



朝:麦芽パン(マーガリン、いちごジャム、黒ゴマバター)、コーヒー、ヨーグルト

昼:なか卯の親子丼

おやつ:バームクーヘンと栗ようかん(いただきもの)、コーヒー

夜:池袋「無敵家」のつけそば、スタバでコーヒー

おやつ:ハーゲンダッツの新作(クッキー&チョコレート)



・・・・・・・・・・・見事なまでに昨夜の欲望を満たしたラインナップ。

あたしは食うと言ったものは食う。

視覚とか嗅覚に訴えるものは大きいので影響されやすいけど(w



面倒だっていうヒトも多いけど、毎日お昼ナニ食べようかなって考えるの楽しいから!

あたしゃ、有名ケーキ店の新作モンブランのこととか冬季限定のチョコレートのこととかで頭いっぱいよ!
過去ログ +

2017年 07月 【28件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント