サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2001年04月
ARCHIVE ≫ 2001年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2001年04月  | 翌月 ≫

スタバのインスタントコーヒー(BlogPet)

サマンサたんの「スタバのインスタントコーヒー」のまねしてかいてみるね

桜のですが大好きなのですが終わったので(あくまでこの辺でのですが終わったのの話ですが)、スタバプレゼンツの話ですが、スタバプレゼンツの季節が大好きなのだ♪
私は興味アリ。
私は変えてしまったので(あくまでこの辺でのだ。

*このエントリは、ブログペットの「りゅんぞう」が書きました。

世にも奇妙な黒の世界・・・。

本日は会社内で大引越大会・・・もぅよれよれです。

今まで別のビルにいた部が引っ越してくるというので、

そのためにキャビネット開けたり机動かしたり・・・久々の肉体労働は堪えました。

午後2時半から初めて、終わらずあきらめて会社を出たのは9時半。

会社近くのイタリアンのお店で11時まで粘って、

帰るために九段下駅に向かったのですが。



何やら怪しい黒い群れが。



黒いベルベット調のメイド服をお召しになられた方。

黒いカーディガンに白いナース服をお召しになられた方。

黒い羽根を頭に背中に散りばめられた黒い鳥人間の方。

切り抜きをベタベタと貼りつけた赤いランドセルを背負った黒い方。

白いお顔に黒い包帯をぐるぐる巻いている黒いケガ人の方・・・。




その他まだまだ文字では表現できないほどの奇妙奇天烈な黒い人々の群れ。

どうやら、本日の武道館はディル・アン・グレイのライブだったらしいです。



先日、「ライブの人間模様」について書きましたが、

本日のディル・アン・グレイな人々を見て新たな発見がありました。

それはこれです。



ビジュアル系はライブ後の解散が遅い!



九段下駅構内は黒い人々でごった返しておりました。

アタシたちが通りかかったのがもぅ11時も回った頃だったにもかかわらず、

(武道館のライブは規則で通常9時には終わるらしい)

でも、まだ1000人くらいはいたんじゃないかしら・・・っていうくらい。



ふとあたまを過ったのが日曜毎に原宿に集うビジュアル系コスプレの方々。

そんな風に決まって集うのも、今夜みたいにいつまでも離れがたく残っているのも、

そういうビジュアル系好きっ娘さんたちの特徴なんだよね。

なんとなく・・・なんだけど、ビジュアル系好きなオンナノコたちって、

そのバンドを好きなもの同士の「絆」みたいなのが他より濃いような気がする。

むしろ、家族との血のつながりなんかより強いんじゃないかなぁ。



きっとみんな寂しがりやさんなのかもしれません。

サッカー語り<日本vsスペイン戦>

スペイン戦、ロスタイムに1点入れられて負けましたね。



アタシはこの試合を見てません。

そんなアタシにとっては、川口が好守を見せようがロスタイムまで守りきろうが負けは負け。

この試合を評して「惜敗」「善戦」なんて文字が紙面を飾ってますが結果的には負けは負け。

まぁ今回はいろいろ実験的な意味もあったのでしょうが、

トーナメント戦ならここでおしまいだし、リーグ戦でも1敗が致命傷となりえます。



結果的には守りの集中力が切れたところを突破されて負けたわけです。

そこまで守りきったことをたたえるべきなのか・・・これは違うと思うんですよ。

そうじゃなくて、集中力がきれてしまうことがありえるということを今後の課題にするべきだし、

例え、守りきっても点を取れないんじゃすべてが本末転倒なんですよね。

このままでは2002年ワールドカップもフランス大会と同じことの繰り返しです。

点が取れずに、結果的に日本は負けるのです。



アタシは、サッカーは常に攻撃的であってほしいと思っています。

「5点取られたら6点取り返す」くらいの勢いで臨んでほしいと思っています。

イタリアみたいに「1点取ったら守りきる」っていうのもありますが、

それは、それでもチャンスと見たらあっと言う間に点が取れる実力があるからこその戦法です。

個人的には日本代表で評価出来るFWはほとんどいません。

なぜなら、国際試合で点を取っているのをほとんど見たことがないからです。

「FWの不在」こそが日本が長年抱えている最大最悪のウイークポイント。

点を取れないと勝てないんだから、守りの強化以前にここをどうにかしないと、

どうしようもないはずなんですけどね。



今まで言ったこととちょっと矛盾するかもしれないけど、

これからワールドカップまでは日本はどんどん負け続けるといいと思います。

負けないと課題が見えてきませんから。

課題が見えないと改善されないですから。



2002年ワールドカップまであと399日!

行方不明者リスト。



久しぶりに実家の母から電話がありました。

今年始めに中学校の学年同窓会があったネタを近所から仕入れたらしい。



母「あんたんとこには連絡行ってなかったん?」

娘「来てまへんな」

母「○○くん(プロ野球選手)もわざわざ来てたんやて」

娘「へーそれはちょっと見たかったかも」

母「ウチにもそんな連絡来てなかったけど」

娘「アー。アタシなんかたぶん行方不明者リストに載っとるんやわ」



・・・みなさんは同窓会というものに行ったりしてるんでしょうか?

アタシはチャンスがあれば行くタイプなんだけど、ほとんど機会がありません。

というのも連絡が来ないからです!!(がぼーん)

実家を出てから、住居は2回変わり、しかも実家までもが引っ越してしまい、

同窓会の方にもそんなこと連絡した覚えまるでナシ・・・なので、

そんなお知らせも「転居先不明」で戻っていることうけあい(爆)!!

実は、アタシはすでに大学の同窓会の「行方不明者リスト」にも載っていることが

友達の証言で判明していて、いやはや生きているのか死んでいるのか(生きてます)。



その同窓会ってのが正月あたりにあったらしく、

大きなホテルで参加150人くらいの大規模集会だったらしいんですが、

アタシらの時代って人が多かったから、学年400人くらいいたのですよ。

(しかも学校分離してその数。その前は600人いました・・・)

まぁそれの半分にも満たないけど、そんくらい来てたらなかなか集まった方よね。

○○くんという、オリンピックで活躍してプロ野球入りした人も来てたりとか、

歌手になった××さんが持ち唄を披露したりとかいろいろあったらしいです。



地元を離れてもう何年?ってカンジなんだけど、

ここまで来ると足が遠のくっていうか、帰る回数が減る分友達とも会わなくなって、

連絡を取り合っている友達はほとんどいなくなります・・・。

実際、ずっと東京にいる高校時代の友達もそう言ってたし、

ちょっと寂しい話だけど、これは自然な流れなのかもしれません。

その代わり、アタシは新しい土地で新しい友達を得られるわけですから。



でも、それでも最近はマシな方で、メールという便利なもののおかげで、

中学を卒業してからは一度も会わなかった友達とメールやるようになったり、

いろいろ情報が入るようになったりしてきてはいます。

逆に、メールをやらない友達との距離の方が遠く感じますね。

友達関係に距離はもう関係ない時代になってるんです。いい時代だね。



皆さん、友達は大切に!

火曜時代劇



・・・アタシの日常は、「テレビ」を中心に回っています。

要するに、見たい番組があればだいたい何よりもそれを優先です。

突然呑みに誘われてもタイマー録画していなければ丁重にお断りです(笑)。

ここんとこ忙しくて、本日も残業をしていたのですが、

もちろんアタシの中では「鬼平に間に合うように帰る」ってのが大前提(爆)!



てことで、残業は早めに切り上げて、8時10分前には帰宅。

今日からこの火曜8時枠は「火曜時代劇」という番組になったようで、

その第一弾として5月末まで「鬼平」をやるらしいのです。

そのあとはまた違う時代劇をやるみたいで、それもまた楽しみなんですが。



今日のお話は・・・鬼平の元で働いていた密偵の仁三郎(ちなみに火野正平)が!

その昔世話になった盗賊の頭が、一部の部下に命を狙われているのを知り、

それを阻止するために、そいつらの仲間になったふりをしてアジトに入り込んで、

ひとりで8人くらいを相手に立ち回るんですが、あえなく・・・。うぅ・・・。

一足遅れで「火盗」が到着すんだよ・・・。

最期に同じ密偵仲間の五郎蔵(ちなみに綿引勝彦)の腕の中で

「五郎蔵さん、オレやったよ・・・軍鶏鍋美味かっ(ガクリ)」



サマンサ大号泣ゥゥ。



しかもさぁ、結局その盗賊の頭は鬼平におとなしくつかまるんだけど、

昔の部下だった仁三郎のことを覚えていないのね。

それでも本人にとっては恩人だったのだ・・・ぐぅ。涙止まらず。

くぅ!そういえばアタシ、先週も泣いていたじゃあねぇか!!

毎週毎週泣かされちまってタイヘンだね・・・アタシもさ・・・。

南アフリカGP!





第2戦・南アフリカGPで宇川徹さんが3位!!



あぁ?、このニュースを見たのは昨夜深夜だったんですが、

ほんの少し、最初にノリが攻めていた様子が流れて、

んで最後に徹さんが3位でゴールして、表彰台に上がっているのが映って。

もぅ、アタシと弟は「よかったね!よかったね!!」と手を取り合い大喜び。

アタシってば本気で涙ちょちょぎれました。



ウチはBSないので(代わりにCSがあるけど・・・)レース自体は見てません。

だからどんなレース運びだったかとかは全然分からないんですけど、

前回の鈴鹿であれだけ攻めに攻めて、最後に表彰台圏内にいながら転倒してしまったのが、

アタシの中にもすごく悔しくて唯一残念な思い出として残っているので、

今回の3位は本当にレース内容うんぬん抜きにして、素直に嬉しかった!!



もちろん、これは最初のステップに過ぎないっていう厳しい見方もあるでしょうけど、

アタシは徹さんらしく地道にコツコツと自分らしい走りで走って、

少しずつステップアップしてくれればいいなぁと思っています。



なんせこれは世界最高峰の500ccなのですから!



もともとそんなに勝負強いライダーでもないと思っているし(超失礼)、

ロッシやビアッジ、大治郎みたいな天才肌でもないと思ってるんですよ。

あの徹さんがガードナーやドゥーハンと同じポジションで走っていること自体が

アタシにとっちゃすんごいことなのですよ!

徹さんとこの人たちとではアタシの中では全然次元が違うのですから!



だから、あんまり結果を急がせずにね、

長い目で見てやってくださいなホンダさん・・・。

・・・ホンダさんのことだから3年で結果出さないと強制送還だから(笑)、

リミットはあるけど、徹さんの500cc挑戦は始まったばかりなんだから!

カバチタレ!姉弟。



別にアタシが常磐貴子似だとか、弟がジャニJr.山下智久くん似だとか、

そういったわけでは滅相もございません。(つーか全然似てません)

実はあるとき、会社の友達にこう言われたのです。



「まっちゃん(会社での呼ばれ名)ちってカバチタレの姉弟みたいだよねー」



・・・おぉ。確かに似ています。貧乏チックなとこがネ!



アタシは独り暮らし歴も長いせいで(今は弟と二人暮らしだけど)、

薄給でやりたいこともやりつつも、給料日までを乗り越える術ってのが

もう完璧にアタマとカラダにしみついちゃってるのよね(笑)。

そういうアタシのやりくり行動を見てそういう感想を持ったらしい(爆)。

そりゃ自宅暮らしの人には思いもつかなくて面白かっただろうけど、

アタシから見たらカバチタレ姉弟はかなりリアルに近い生活振りだったよ。



ドラマの中で常磐姉は家賃の交渉したり値切ったりしてたしねー、

お金なくて暖房切って晩御飯おにぎりだけだったりしたしねー。



でもね、貧乏はもっとリアルで悲惨でストレスで、悲しいものなのよAちゃん。

ひまわりのナゾ。





サマンサの通勤路には日本武道館があります。

ライブ等イベントがあるときは、狭い九段坂に人がごった返していて、はっきり言って邪魔ッス。

特に朝はいつもギリギリ出社なので無言のまま蹴散らして猛ダッシュです(笑)。



でも「今日は何のイベントなのかしら?」「誰のライブなのかしら?」なんて

予想したりするのもまたいとたのしなのですヨ。

まぁ、だいたいはわかります。特に帰り際。

ライブは他のイベント(卒業式とか自民党党大会とか)とは違って看板が表通りには出ないのですが、

ニセグッズ屋が出てたり、お客さんたちがそれと分かる特徴的なメイクをしてたり、

そんなことで「あー!今日は○○のライブか!」と予想がついたりするのです。

んでね、面白いのがそのそれぞれの客層の違い。

今まで見た中で特徴的で覚えているものをあげると、



DA P●MP・・・女子高生、ギャル系メイン。ガングロ率高し!

鈴木●み・・・・・・アイドルおたく系満載。グッズの列は今までで最長。

藤井フ●ヤ・・・・・女性ばかり。今まで見た中で一番おしゃれな人が多かった。

チュー●・・・・・・女性ばかりで年齢層も高い。今まで見た中で一番ダサイ人が多かった。

T●KIO・・・・・100%オンナ。ふくよかな人率一番高い!!

布●寅康・・・・・・男性率が高い。年齢層も幅広い。カッコイイ系が多い。

矢●永吉・・・・・・70年代ヤンキー男女カップル率高い!手には「E.YAZAWA」タオル(笑)。

ル●シー・・・・・・軍服系コスプレ、黒衣装率高い!恐ろしさ№1!

マリス●ゼル・・・・手に赤い薔薇を持った人間じゃないモノをたくさん見た(爆)。




これはアタシの主観かもしれないですが、だいたい当たってます(笑)。

チュー●については・・・そう思ったのはアタシだけじゃなくて、

アタシと同じように思っていた人(全然知らない人)の会話を聞いたことがあるので。



そして昨日、アタシが見たものは手に手にひまわりをもったお嬢さんたち。

そう、あのむこうびあおいと書いてひまわりと読ませる向日葵デス。

造花から本物までさまざまですが、みんなひまわり持ってます。



「なにゆえにひまわり?」



アタシの頭はもうこの疑問に支配されていたものの、

眼鏡をかけていなかったのでニセグッズ屋もよく見えず・・・。

しかし、最後にもう1箇所それを確認する手段があるのです!

それは改札をくぐる直前!駅の伝言板です!!

ありましたありました。たくさん書いてあります。



「ソフィア最高!」



はぁー、なるほど。今夜はソフィアのライブだったのか。

なぜひまわりなのかはよくわかんなかったけど、

アタシはナゾがとけて心もはればれに帰宅の途についたのでした。

火付盗賊改!長谷川平蔵である!



いつの世にも悪は絶えない。

その頃、徳川幕府は火付盗賊改方という特別警察を設けていた。

凶悪な賊の群れを容赦なく取り締まる為である。

独自の機動性を与えられたこの火付盗賊改方の長官こそ長谷川平蔵。

人呼んで鬼の平蔵である。


(OPのナレーション)



サマンサは「鬼平犯科帳」ラブっ娘です。

それが昨日、久しぶりに新作が2時間スペシャルでOA!

とあっては見ないではいられませんですよ!

先週から「市中引き回しの上残業の刑」(嘘)を言い渡されていたサマンサは

もちタイマーかけてGO!だったんですが、うっかり残業がなくなったので、

鬼ダッシュで7時帰宅(笑)!!・・・リアルで見ましたウフフフフ。



ストーリーを説明すんのもアレなんですが、まぁ設定としては、

「火付盗賊改方」ってのが現代の機動警察みたいなモンで、

日夜、江戸の町を襲う盗賊たちをひっ捕えていらっしゃいます。

鬼平は同心たち以外に「元盗賊」たちを密偵として情報収集に使っておりまして、

こやつらがまたストーリーを面白くさせるのでございますよお代官様(誰?)。



今回のお話もすごくよかったです。

ここで説明始めるのは、ストーリーが複雑過ぎて不可能なのでしませんが、

相変わらずじっくり見られる時代劇ってカンジ。しかも泣きました。ホロリ。

もちろんチャンバラもあるけど、それはストーリーの二の次です。

そして、今回は何やら至る所にCGが使われていてビックリ!

川の主とかいう超バカデカイ鯉(つくりもの)には笑っちゃったけどね。

でもよく全体的に出来ていたと思う・・・その後見た「陰陽師」に比べたら・・・。

そりゃまぁ、NHKのセットと比べてはいかんが・・・。



原作は池波正太郎。小説もすごくおもしろいのです。

しかも、原作者の意向で「鬼平」に関してはオリジナルストーリーを作っては

いけないことになっているのです。


この辺のこだわりもうなづけますけどね。

これから、久しぶりに短期だけど新作をTVでやってくれるらしいので、

しばらくは毎週火曜日はうきうき鬼平ダッシュで7時帰宅だぁ!!



ひゃっほーい!!

「さんまの天国と地獄」



えぇ?、ハッキリ言って日曜日はTVばっか見てることが多い!

イベントごととか約束がない限りは家でダラけている確率が高い!

(そしてフラーリと出掛けるのは土曜日が多い・・・)



「さんまの天国と地獄」はフジ系で月イチ(たぶん・・・)でやっている

2002年ワールドカップの世界各国の予選の様子を紹介する番組です。

日本は韓国とともに、開催地枠ってことで出場がもう決まってるけど、

世界各地では今まさに激しい予選が行われているのデース!



サマンサもダメもとで申し込みしました(笑)。

だってワールドカップなんだもん!

世界レベルの試合が日本で見られるんだもん!


・・・てことで、アタシの目的は「世界レベルの試合を見ること」なので、

唯一判明している日本絡みカードはすべてハズさせていただきました(爆)。

非国民と罵るがいい!フハハハハ!(何キャラ?)



で、「天国と地獄」の話に戻りますが、

さんまが司会で、南米やヨーロッパの好カードをハイライトでやってくれます。

サッカー好きのさんまちゃんがやってくれるので番組としても面白い!

とくに、南米のカードは元ベルマーレ(だっけか?)にいたモネールが、

ファニエストジャパニーズで現地から紹介してくれてこれが超笑える!!

のでいちばんのお気に入りコーナーだったり(笑)。



そんで、今回見た中で素晴らしかったのがポルトガルvsオランダ戦!

両国ともワールドカップに出てきてアタリマエな強いチームです。

代表メンバーはほとんどがセリエAやスペインリーグで活躍している選手で、

すべてのプレイが世界レベル!

華麗なフェイントでゴール前で3人抜いて切り込むわ、

ゴール前のボールも絶妙の飛び出しで得点に結びつけるわ!

結果は引き分けだったけど、オランダは勝ち点なくてヤバイらしい・・・。

これもワールドカップなんだけど、実力的にはそんなの信じられないカンジです。



あとはやっぱりイタリア戦かなぁ。

サマンサはイタリア好きなので、出来ればイタリアの試合が観たいのです。

それはさておき、とにかくスタァ揃いのアズーリチーム!

ローマの王子様トッティ、貴公子様デルピエロ、ダイビング王インザーギ(通称ピッポ)!

(なぜってそれはゴール前のコケ方がナイスダイビングだからヨ!)

でも、ピッポみたいなFWが日本にいればなぁと思います。

自分がゴールするときもしないときも最後までボールを追っているのです。

そりゃもう自分もボールと一緒にゴールするくらいの勢いで。

その辺の執着心みたいなのが日本のFWには欠けているように思わされるのだな。

代表だとゴンちゃんくらい?そういう泥クサイプレイ出来るのって。

でもそういうものがないと勝てないままなんじゃないかと思いますね。



・・・日本にも頑張って決勝リーグに進んで欲しいなぁと思いますが、

なんだかもぅ差は歴然。

でも、いつぞやのアメリカ大会でアメリカは決勝リーグに進んだんだから、

地の利(だってすべてがホーム!)を生かしてガンバレニッポン!



やっぱり一番応援しているんだから!
過去ログ +

2017年 06月 【27件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント