サマンサの 萌える毎日 の記録。

2016年のサマンサにもご注目ください\(^o^)/
TOP ≫ CATEGORY ≫ 読書
CATEGORY ≫ 読書
       次ページ ≫

2012年4月の読書。

ブクログのまとめサービスを使ってみました。
月ごとに読んだ本をまとめて、blog等で紹介できるようです。

サマンサの本棚 - 2012年04月 (2作品)
powered by booklog
読書 | Comments (0) | Trackbacks (-)

「犯人に告ぐ」

バッドマン


連続児童殺人事件―姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。史上初の、劇場型捜査が始まる。

そんなコピーでその年のミステリ№1となった小説。
豊川悦司主演で映画化もされました。
劇場型・・・つまり「テレビを使った捜査」が本筋の物語。
メディアというビジュアルに訴えた物語であるにもかかわらず、
展開がすごくリアルに描かれていて、小説としても充分に楽しめました。
ただ、ミステリというにはちょっと語弊があるかなという印象が。
それはミステリとして不足している部分があるというわけではなく、
登場人物一人一人についての描写がとても丁寧に書かれていて、
例えるなら、宮部みゆきの描くミステリ作品のように、
事件の犯人探し、その謎解きだけでストーリーが展開するのではなく、
人間を描いた物語としてのクオリティが高いということ。

確かにこれを映像化したら面白いはず!映画も見てみなくては!

ライラの冒険・読了

ライラの冒険・・・というか、これはもう

ライラの大冒険

でしょう。あまりかわらないですがw
とにかくこの物語のとてつもない世界観に圧倒されました。

ここに何を書いても今後映画化されるであろう、
物語の続きのネタバレにしかならないような気がする。。。

「黄金の羅針盤」に続いて「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」
「ライラの冒険」はこの3部から成っています。
ダイモンの役割、とてつもない宿命を負ったライラの運命、
様々なパラレルワールドの存在、出会いと別れ。

映画を観る前に読んでみたいという人にはお勧めします。

神秘の短剣 琥珀の望遠鏡

「ライラの冒険~黄金の羅針盤~」上下巻

ライラ


これはもう、絶対映画を観に行こうと心に誓った!

それくらい面白かったです。
このファンタジーが苦手なあたくしがここまではまったのは前代未聞。
「指輪」も「ハリポタ」も途中挫折気味(まだあきらめていない!)なのに!

おてんば、というよりもむしろチビッコギャングなライラの冒険活劇ですが、
実はこの先も続きがある物語で、壮大な3部作となっております。
いまは次の「神秘の短剣」を読みにかかっています。

最初の舞台はロンドン・オックスフォード。
そこから北への旅が始まります。
ただしそこは人は誰しもダイモンと呼ばれる守護精霊を持つ平行世界。
このダイモンがみんな動物でねー。かーわいいのよー。
子供のダイモンは姿を好きに変えられるのでいつもいろんな姿なの。
ライラのダイモンもアナグマだったりコウモリになったり・・・。
大人になると、姿は固定されてしまうんだけどね。
まあわかりやすくいうと、デジモンとかポケモンみたいなものです。
デジモンの方が近いけど戦いはしません(笑)

いま映画のCMがすごく流れているけど、
そこにも派手に登場しているよろい熊がまた!かっちょいい!!
熊さんは手先が器用で、熊たちだけでコミュニティをつくっていますが、
彼らはダイモンを持つ代わりに鎧を身に着けているのです。

手先が器用な熊って一体!!!
そんなツッコミはなしですが、それもぜひ映像で観てみたいものです。

話はダストと呼ばれる謎の粒子(ガンダム粒子やミノフスキー粒子とは関係なし)、カトリック教義などもかかわってきてなかなかに難しい話なのですが、子供にも大人にも充分面白い物語だと思います。

こんなお話を映像化できるなんていい世の中になったものです。。。

「手紙」



東野圭吾という作家は本当に多作なのでこれだけ読んでいても、
まだまだ読んでいない作品のほうが多いのです・・・。
しかも、ミステリ作家という枠にとらわれず、
いろいろな作品を世に送り出しています。
それが映画化された「秘密」だったり、この「手紙」だったりします。

弟を大学に進学させたいばかりに強盗殺人を犯した兄。
「犯罪者の身内」という立場になってしまった弟。
毎月送られてくる刑務所にいる兄からの手紙と、
世の中の「差別」に翻弄される弟の物語です。

これは世に言う「差別」に真っ向から立ち向かう作品ではありません。
むしろ作中の人物の言葉を借りてそれは仕方のないものだと容認しているのですから。
犯罪者の身内がその「差別」に対して正々堂々と生きていくことは間違っている。

・・・ちょっと言えないですよね。

自分自身が加害者でも被害者でも、
そのどちらの立場にもなったことがないのですから、
大半の人がピンとこないのは当たり前です。
犯罪者の身内だからと差別するほうが間違っているのだと、
そう思うのが普通だからです。でもそうじゃない。
そうじゃないんだっていうことがぼんやりと理解できました。

しかし、これ映画ではエリカ様がやってんだよね・・・。
エリカ様が出演あそばされていると聞くと、
現場は大丈夫だったのかなと余計なことが気にになります・・・。





過去ログ +

2017年 07月 【28件】
2017年 06月 【29件】
2017年 05月 【28件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【30件】
2016年 11月 【17件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【2件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【2件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【5件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【4件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【4件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【1件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【28件】
2013年 05月 【35件】
2013年 04月 【28件】
2013年 03月 【30件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【35件】
2012年 12月 【29件】
2012年 11月 【29件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【33件】
2012年 08月 【34件】
2012年 07月 【33件】
2012年 06月 【34件】
2012年 05月 【38件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【30件】
2012年 02月 【34件】
2012年 01月 【30件】
2011年 12月 【30件】
2011年 11月 【27件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【33件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【34件】
2011年 06月 【32件】
2011年 05月 【34件】
2011年 04月 【29件】
2011年 03月 【34件】
2011年 02月 【32件】
2011年 01月 【4件】
2010年 12月 【5件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【13件】
2010年 09月 【6件】
2001年 06月 【30件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【14件】
2010年 06月 【11件】
2001年 05月 【28件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【22件】
2001年 04月 【17件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【10件】
2010年 01月 【31件】
2009年 12月 【13件】
2009年 11月 【11件】
2009年 10月 【9件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【13件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【17件】
2009年 04月 【16件】
2009年 03月 【22件】
2009年 02月 【31件】
2009年 01月 【23件】
2008年 12月 【20件】
2008年 11月 【19件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【14件】
2008年 08月 【22件】
2008年 07月 【20件】
2008年 06月 【17件】
2008年 05月 【21件】
2008年 04月 【16件】
2008年 03月 【19件】
2008年 02月 【13件】
2008年 01月 【18件】
2007年 12月 【16件】
2007年 11月 【20件】
2007年 10月 【20件】
2007年 09月 【17件】
2007年 08月 【17件】
2007年 07月 【14件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【17件】
2007年 04月 【20件】
2007年 03月 【13件】
2007年 02月 【11件】
2007年 01月 【14件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【12件】
2006年 10月 【11件】
2006年 09月 【16件】
2006年 08月 【23件】
2006年 07月 【27件】
2006年 06月 【38件】
2006年 05月 【14件】
2006年 04月 【13件】
2006年 03月 【15件】
2006年 02月 【14件】
2006年 01月 【18件】
2005年 12月 【20件】
2005年 11月 【8件】
2005年 10月 【17件】
2005年 09月 【20件】
2005年 08月 【17件】
2005年 07月 【15件】
2005年 06月 【13件】
2005年 05月 【13件】
2005年 04月 【10件】
2005年 03月 【21件】
2005年 02月 【19件】
2005年 01月 【16件】
2004年 12月 【16件】
2004年 11月 【12件】
2004年 10月 【19件】
2004年 09月 【15件】
2004年 08月 【18件】
2004年 07月 【19件】
2004年 06月 【25件】
2004年 05月 【16件】
2004年 04月 【20件】
2004年 03月 【12件】
2004年 02月 【13件】
2004年 01月 【19件】
2003年 12月 【14件】
2003年 11月 【19件】
2003年 10月 【22件】
2003年 09月 【21件】
2003年 08月 【18件】
2003年 07月 【18件】
2003年 06月 【18件】
2003年 05月 【12件】
2003年 04月 【10件】
2003年 03月 【16件】
2003年 02月 【14件】
2003年 01月 【12件】
2002年 12月 【13件】
2002年 11月 【14件】
2002年 10月 【11件】
2002年 09月 【22件】
2002年 08月 【27件】
2002年 07月 【31件】
2002年 06月 【30件】
2002年 05月 【31件】
2002年 04月 【27件】
2002年 03月 【30件】
2002年 02月 【27件】
2002年 01月 【31件】
2001年 12月 【23件】
2001年 11月 【29件】
2001年 10月 【31件】
2001年 09月 【29件】
2001年 08月 【32件】
2001年 07月 【30件】
2001年 03月 【20件】
2001年 02月 【8件】

Twitter...
最近の記事+コメント